九星気学・方位学の引越し鑑定で一番大事なこと

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

占い師が変われば鑑定結果は同じでも解釈が違います。
引っ越しの相談を占い師さんにする時、事前に時期や方位の事をそれなりに調べる人がいます。
あるいは周りの人から聞いて・・・というのも多いです。
自分で調べて不安になって相談される人の場合、それが本当なのかどうかが気になっています。
こういう場合、方位鑑定の基準が似ている感じなら、当然同じ結果になります。
いつ頃どの方位に引っ越したら良いかっていうのは基準が同じなんだから当然です。
ただし、鑑定結果が同じでも、同じ解釈になるかどうかは別です。
同じように凶方位と出たとしても、それが悪いとならないことも多いです。
吉方位と出たとしても、良いとは限らないこともあります。
占い師が重視するのは鑑定結果も大事ですが、その結果に至った状況や背景です。

引っ越しで占いが気になるときは何かを整理した方が良い時期

鑑定結果に出てきたことが本当に相談者に悪い影響を与えているなら、何か対処した方が良いです。
でも、悪い影響を与えていない場合もあります。
そこを見極めるのが占い師の仕事です。
実際、引っ越しなどについて「相談したいかも」となる人は節目にあることが多いです。
選択の余地が無い引っ越しもあれば、これから引っ越しを考えるという場合も同様です。
普通は引っ越しの相談を占い師にされることはありません。
それでも相談したくなるということは、何か大切なことに気がつく必要があるのかもしれないです。
引っ越しの相談をされるケースの多くは、凶方位に引っ越しをする予定になっています。
不安になって相談されます。

占いを基準に物事を決めると後悔しやすい

でも、結構大丈夫な事もあります。
それよりも心配なことは占いを基準にして引っ越し先などを決めてしまうケースです。
実際にそういう人もいます。
占い師も吉方位に引っ越した方が幸せになれると言ったりするので、余計に占いを基準にすることがあります。
占いを基準にして良いのは「引っ越し時期」ぐらいです。
住む場所についても多少の調整は良いとしても、吉方位だからといって住みたくも無いところに引っ越しをすると後悔します。
住みたくも無い物件に住む場合もやはり同じです。
占いを基準にして良いところとそうじゃ無いところがあります。
占い師的には占いの結果を伝えるだけなら楽ちんです。

占いを優先し始めると息苦しくなる

吉方位に引っ越した方が良い、凶方位は引っ越したらダメと伝えるのは簡単です。
でも、相談されるほとんどのケースは凶方位に引っ越しをする流れが多いです。
凶方位に引っ越しをするのはダメというだけでは話が進みません。
占いは机上の論理だけで現実が考慮されていないと、相談者にとってはとても息苦しいものになります。
運を活かす上で一番大事なのは、現状から如何にして運を引き出し、活用していくかです。
相談者もそれを望んでいると思っています。
このためには相談者の現状や考えている事が必要になってきます。
たとえば、どこに引っ越したいのか、いつ頃引っ越したいのか、何故引っ越したいのか、これらの事は方位鑑定では一番大事なポイントになります。

望んでいる引っ越しとその引っ越しが現す暗示の理解が大事

どこに引っ越したら良いかでは無く、どこに引っ越したいのかです。
方位鑑定では現象占いも重視します。
ご自身の希望を反映した場所や時期には必ず何らかの九星が当てはまり、吉凶が明らかになります。
この九星と吉凶が「望んでいる事への暗示」となるわけです。
それを微調整し、ご自身が望んでいる事へ流れを引き寄せる・運を活用するための鑑定をするのが占い師です。
実は単純に運を上げたいという場合でも、引っ越しや旅行の方位や時期が暗示することがあります。
その時に何に力を入れたら良いのか、あるいは入れない方が良いのか、そういうことを教えてくれるのも方位鑑定です。
吉方位が良い、凶方位は悪いというのは占いのほんの一面でしかありません。