吉方位・凶方位の占いと直感のどっちが役に立つ?

九星気学占いと方位

直感の当てになる時・ならない時があります。

私自身は「直感はあてにならない」とお話することが多いです。
直感を大切にすることは良いのですが、直感だけでなく、その他の根拠もセットで考えた方が良いです。
直感はいつも同じように見えますが、実際には環境、感覚、思考、期待に左右されています。
このため勢いがあるときには、ばしばし決まります。
ところが、この勢い自体が感覚的です。
感覚的ということは、状況によって変化しやすいです。
感覚は大事だけれども、幸運をつかむ、チャンスをつかむなら、感覚以外の根拠があると確かなものになっていきます。
それが客観的な基準となるのが、占い(方位など)の世界の活用です。

判断基準・選択肢を多く持つメリット

直感が当てになるとか当てにならないとか、方位などの占いが当たるとか当たらないとかっていうことでもないです。(直感は当てにならないって言いましたけど(笑))
大事なことは「判断基準を複数持つ、選択肢を持っておく」ということです。
裏を取るとも言います。
仕事なら直感で「これは良いな」と思ったとしても確かめた方が良いです。
とりあえずいきなり1000万円掛けたりしないで、まずは100万円で試作を作ったりするじゃないですか。
少しでも失敗を減らすための行動です。
「これはいける!」という直感はヒラメキです。
そのヒラメキに根拠があると更に確かなものになっていきます。
その根拠付けのために方位鑑定だったり占いを使ったりします。

これは良い!と思ったのに凶方位の時

良いと思ったのに占いで悪いと出た時は一瞬冷静になります。
こんな感じで、自分の勢いに対して冷静に分析させてくれるものがあるかどうかで、運命がかなり変わってきます。
感じた瞬間に行動するのも重要ですが、一方でその行動を分析する自分を持つ事も重要です。
方位が悪いからと言ってやらない方が良いとかそういうことではありません。
そうではなく、自分の置かれた状況を考慮しつつ凶方位でもやりたいことなのか、それとも凶方位ならちょっと立ち止まって再検討するのか、そういったバランス感覚を確保するために、占いと直感を比較します。
どちらが役に立つのかではなく、どちらも活用することで良い運命を選択していけるということになります。
【関連するまとめリンク】
「当たる占い・占い師の探し方・占いを当てるようにするために必要なことのまとめ」