凶方位に引っ越したから離婚するの?結婚して凶方位に引っ越したらどうなるの?

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

過去の引っ越しや旅行の鑑定を重視しますっていうのはいつもお伝えしているとおりです

その理由は、その人の方位の影響度合いをはかるためです。
人によってはがっちり方位の影響にはまり込む人もいれば、ほとんどはまり込まない人もいます。
ただし、過去の方位の影響というのは、どの程度印象的な事が心に残っているかによって全然違うため、影響の度合いを測るのは容易ではありません。
そんな中で、人生の節目となる結婚や離婚について、引っ越しの方位の側面から今回はお話をしていきます。
結婚の時に引越をされる方というのは多いです。
また、離婚の時に引っ越しをされる方も多いです。
そして、離婚の時には凶方位に引っ越しやすい「傾向」がある、と前にお話をしました。

では、結婚の時に凶方位に引越をするとどうなのか?

これは傾向が二分されます。
結婚をするときから既にいろいろと不安があったりしている状態で、やっぱり辛い。
一方で、特に大きな問題も無く、幸せな結婚を維持できている状態。
ただし、鑑定を依頼されていると言うことは、どこかに何か気になることがあるってことです。
通常、結婚を機会にした引っ越しで相談されることも多いですが、別件で相談されたときに結婚の時の方位の状況が分かることも多いです。
傾向からお話しすると、結婚の時に凶方位に引っ越しをしていても、離婚に繋がっている場合もあれば、平気な場合もあります。
離婚に繋がっているケースで多いのは、10年ぐらい経っている場合です。
一方で、凶方位に引っ越しているケースではなく、吉方位に引っ越しているケースはほとんどがとても良い相性を持っていることが多いです。
[ad1]

ただし、方位の事を意識せずに自然と引っ越した場合、という条件付になります

実は方位を意識して引っ越しをした場合、上記とは違って相手との相性そのものを浮き彫りにすることの方が多いです。
もちろん、吉方位に引っ越しした場合のお話です。
方位をコントロールするというのは、意識的に内在しているものを表に押し出す効果があります。
このため、特に結婚をする前から何か引っかかっているようなことがある場合、それが引越後に強烈に意識に残る場合があります。
そうすると、それが離婚の引き金になりやすい状況を作ります。
吉方位なのに?ではなく、吉方位だからこそ結論を早い内に出すのです。
どれが正解、どう言う風にやれば正解というのはないのですが、こういう場合でももちろん対処のしようはあります。
要するに、その意識に残っていることを乗り越えて行けば、二人の関係は良好を維持できるということです。

大切なのは、起きたことではなく、それにどう対処するかです

それがないと、結果に振り回されてしまい、望まない流れを生み出すかも知れません。
凶方位に引っ越したから離婚をするということではなく、その原因が内在している可能性があることを示唆してくれているだけです。
それならば、それに対処することに最善を尽くせば良いだけです。
相性が悪いから凶方位に引っ越しをするとか、そんな短絡的なものではありません。
凶方位に引っ越すには、おそらくそれなりの何かがあるんだと思います。
後はそれを踏まえて対処していく、そんな感じです。