「こうしなければならない」という環境のためなら婚活パーティも合コンも役に立つ

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

人は「こうしなければならない」という環境になると、自分がどう感じるかは脇に置いておいて、とにかく必要な事を行う傾向にあります

ここにチャンスをつかむきっかけがあります。
きっかけ=チャンスではありませんが、きっかけがなければチャンスをつかむことは難しいです。
そのきっかけとなり得るのが、強制的な自分変化の場所です。
その例として、今回は婚活パーティや合コンを出しますが、基本的には何にでも使えます。
婚活パーティや合コンを活用するのは、出会いのためですが、このやり方は出会い以外にもいろいろと役立ってくれます。
どうやって活用するかってことなのですが、別に婚活パーティや合コンで出会いを見つけるってことではありません。

この場所で出会いを見つけるのは実際に難しいですし、私のブログを読んでいらっしゃる方は、そういう場所よりも自分から出会いを作っていった方が余程効果的だと感じていらっしゃる人の方が多いです

ただし、今のままで出会いを作ぐらいなら、婚活パーティや合コンに出ておいた方が良いです。
今まで言っていることとは違うんですけどね。
この意味は人付き合いを体験するというために婚活パーティを活用するのでは無く、自分磨きのきっかけにするという意味です。
婚活パーティや合コンとなると、当然、まず身なりに意識を向けます。
言葉は悪いですが、自分が商品となるわけですから、商品の見栄えを良くするのは当たり前です。
内面を見て欲しいっていう人がたまにいますが、自分だって相手の外見から入っていくのですから、外見をしっかりとする必要性は大きいです。

外見のハードルさえ越えてしまえば、後は中身勝負です

婚活のために新しく服を買うかも知れませんし、髪型やお化粧なども変えることがあるかも知れません。
また、自己紹介の部分を見直すこともあるでしょう。
要するに、「相手に見せるため」に自分を振り返るきっかけを「強制的」に作るのが、「こうしなければならない」という環境に身を置くことです。
ある目的のために参加をする場所というのは、その目的が明確なだけに参加に必要な事を強制的にやることが増えます。
その外の力を意識的に活用するために婚活パーティなどに参加するわけです。
人に見せるために自分を飾るっていうのは普段はなかなか意識できないです。

そのタイミングを作るということです

大事なのは婚活パーティで相手を見つけることでは無いです。
普段とは違う自分、テンションの上がる自分を見つけ出して欲しいのです。
人はテンションが高くなると、自然と魅力を高めます。
魅力が高まると、自然と運も上がるのです。
婚活などで普段着ているような服で行くのではなく、レンタルをしても良いので普段とは違うイメージを作ること。
しかも、それはあなたの判断ではなく、お店の人や異性の判断で選んで貰うことです。

自分の中にある違う自分を発見する機会を強制的につくることで、婚活パーティの後の人生が変わるのです

普段と違う自分を婚活パーティなどの準備で見つけたら、今度はそれを普段の生活に取り入れる事です。
そうすると、あなたの人生が変わり始めます。
今までとは違う意識となる上に、違う魅力が上書きされるために、これまでとは違った生き方になり、出会いも変わっていきます。
もちろん、婚活パーティ後も同じ意識と同じテンションだったら何も変わりませんが、この節目を意識して変わった自分を受け入れその状態を続けることで新たな流れが始まります。