相性が最悪と鑑定をされて不安になっているあなたへ

今日もせっせとブログを書いています(笑)
私に相性鑑定を依頼されるケースについて今回はお話を用意しました。
ちなみに「相性鑑定をご依頼されるケース」というのは「あの人と結婚できますか?」とか、「あの人は私を好きになってくれるでしょうか?」というようなご依頼ではなく、「誰々とうまくやるにはどうしたら良いですか?」とか、「どういうことを気をつけて接すれば良いですか?」っていうご相談です。
その中で良く出てくるのが「今までに相性最悪と鑑定されることが多い」とか、「自分で本などで見ても相性が悪いって出てる」というケースです。
相性については私自身、ブログで何度かお話をしてきているのですが、「相性が抜群」とか「相性が最悪」というのは、それだけでたとえば結婚がうまくいくとか、結婚出来るとかを表しているわけではないです。
相性が抜群であってもうまくいかない時はうまくいかないです。
また、相性が最悪でもうまくいくときはうまくいきます。
つまり、お話をしたいのは「相性は大切ではない」ということなんです。
まあ、いろいろと気になるから「相性を知りたい」と思うわけですが、結局、相性が良かろうが悪かろうが、うまく行く人はうまくいきますし、行かない人はいかないです。
ただ、その理由を後付けしたいだけです。
だから、相性が最悪って鑑定されたって「ふ~ん」ぐらいの反応で十分です。
しかしながら、この相性を知ろうとすることが役立つケースがあります。
それが、「どうにかしたい!」という想いを持っている人、「良い関係を作っていきたい!」と思っている人が、お互いの相性を知ろうとする場合です。
相性鑑定って一体何かってことなんですが、二人の資質を鑑定しているわけです。
つまり、それぞれの資質を鑑定し、その上でこの二人の資質が合うのか合わないのか、ということを明らかにします。
その結果として相性が良いとか悪いとかっていう話になるのですが、実は、恋人とか配偶者という捉え方をするのではなく、共に生きていくパートナーという感じで捉えると、また違った鑑定の仕方が出てきます。
私の場合でいうならば、「相手を知り、自分を知る」鑑定です。
人によって出来ること出来ないことってありますが、相手のことを知り、そして自分の事を知ることが出来れば、どういう風に接していけば良いかが見えてきます。
たとえば、好きな人、あるいは結婚相手がアウトドア派だったとします。
ところが、自分はインドア派だとしましょう。
こういう二人は相性鑑定をすると大抵、かみ合わない二人ってなります。
まあ、外に出たい人と、家にいる人では合うわけがないです。
今は一面だけでお話をしているのですが、たとえばこの二人がうまく行くにはどうしたら良いでしょうか?
それは、アウトドアな相手には相手の世界で楽しんで貰う、インドアな自分は自分なりに楽しむ、そして、お互いの無理のない部分はお互いで楽しむ、という感じで線引きをするわけです。
二人の重なっている部分、重なっていない部分を鑑定することで明らかにし、距離感を確保するようにします。
ところが、そういうのを無視して相手に合わせようとしたり自分に合わせようとするからうまくいかないのです。
相手と自分の事を知っておく、というのはとても大事な事です。
距離感が保てることを意味しますし、お互いに自然でいることが出来ます。
そうすると、一人の人間として接するわけですから、相性が最悪と言われた相手であってもうまくやっていけます。
ただ、そのためには二人の協力が必要ですし、意識も行動も必要です。
相性最悪って言われて暗い気持ちになっている人は心配しなくて大丈夫です。
相性最悪っていうのはある意味で両極端の二人ってことですから、それを理解しお互いの距離を大事にすれば仲良く過ごすことが出来ます。
恋人同士になる、結婚する、というのはとてもご縁が濃いものですから、単純に相性が悪いからどうのこうので判断するのではなく、もう一歩先に踏み込んでみると、意外と違う世界が見えてくるかもしれないです。