相性占いでひどいことを言われたときの対処法

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

相性占いや相性鑑定っていうのは占いの王道です

あの人との相性を鑑定してくださいっていうのはよくありますし、配偶者との相性を鑑定してくださいって言うのも多いです。
家族との相性を鑑定して欲しいっていうのもあるぐらいです。
ただ、この中でも占いの結果によっては深刻な影響を及ぼすのが、好きな人との相性鑑定です。
世の中には「最悪の相性だから分かれた方が良い」とかって平気で言う占い師もいるそうです。
また、それ以外にも「いろんな占い師に、あの人とは相性が良くないって言われるんです」というケースもたくさんあります。
こういう場合の対処法ですが、とりあえずその占い自体は無かったことにして良いです。

そういう人は私に鑑定を依頼してください

ちゃんと鑑定しますので。
どういうことか説明します。
まず、相性というのは見方によって真反対の結果が出ることが多い、ということです。
これはものすごく大きな要素です。
占い師の考え方にも関係があるのですが、前向きな占い師、安心できる占い師が相性鑑定をする場合は、必ず「良いポイントと微妙なポイント」を鑑定で教えてくれます。
先ほどもお話をしましたが、相性は見方によって変わるのです。

そりが合わないところにスポットを当てれば、相性としては合わないっていう鑑定になりやすいです

しかし、占い師によっては逆にそりが合うポイントを重視し、そこを起点にして相性鑑定をする占い師もいます。
要はどこに着眼するかで鑑定結果は180度違ったものになるってことです。
だからこそ、相性最悪なんていう鑑定は聞く必要がありません。
どうしてそういう占い師がいるかというと、「相性が合わないんじゃないかな・・・」と心が弱っているような人にとっては、相性最悪っていう言葉が聞き心地が良いからです。
そんな占い師に当たってしまうと、良い関係を持っていた二人なのにとんでもない面倒な方に話が進むことになってしまいます。
もちろん、傾向として合っている部分が多い二人と、あまり合っていない二人っていうのがケースとしてあります。

ただし、ここでもう一つ重要なポイントがあります

それはそれぞれの人間にはそれぞれの役割があるってことです。
たとえば結婚した後は子育てに専念した方が良い人もいれば、仕事に専念した方が良い人もいます。
あるいは好きな人に専念した方が良い人っていうのもいるのです。
通常、相性鑑定っていうのは相手の人との関係性だけで鑑定をすることがほとんどですが、相手の人が仕事を大切にした方が良い場合、相性鑑定の仕方も変わってくるのです。
たとえばこのようなケースでは、お互いに自分のことに専念するようなタイプが相性が良い、ということになるわけです。
逆に家庭を大事にした方が良い生き方をする人ならば、自分の事に専念するような人は逆に相性があまり良くないってことになります。

しかし、相手の生き方を理解し、それぞれに役割分担をしていくならば、違った意味で相性が良いとも言えるのです

つまり、相性鑑定をする上で大切なのは、どういう生き方をする二人で、どういう風にお互いの関係を意識したら良いかっていうことを鑑定して貰うことです。
でも、こういうのはその辺でちょっと鑑定してもらうっていうのは無理だと思います。
また、ちょっと鑑定してもらうだけでは見えてこないことも多いです。
でも、相性鑑定っていうのは普通、ここまで鑑定した上での結果です。
だから、相性最悪だって言われたとしても全然気にしなくて良いです。
まあ、あえて気にするならば、そんな占い師に出会った自分は厄日だったんだなっていうぐらいのものです。
いやな思いをした分だけ、厄払いにもなっていますので、引きずらないでほかの占い師に鑑定して貰うのが一番です。
本来の相性占いっていうのはこういうものですので。