引っ越しの方位が気になった時

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

引っ越しの方位が気になる人は何故か気になることがあります。
今回のお話は「引っ越しと方位」の関係についてです。
調べてみたら、不動産屋さんで取り上げているケースもあります。

引っ越しの際に「風水」や「吉方位」を気にかける方は、非常に多いのではないでしょうか。
風水の考え方によれば、人は生まれながらにして吉方位と凶方位をもっています。方位は8つに分類され、そのうちの4つが吉方位、残りの4つが凶方位となります。各人の吉方位は、生まれ年で決定される本命卦により確定することとなり、これは生涯変わることはありません。
引っ越しなど、生活の基盤を決定づける重要な事柄においては、当然ながら吉方位へ移転することが必要となるため、人によっては「新宿から東か東南方面で探している」といった表現をされることもあるようです。
風水は中国でひとつの「学問」とされておりますので、少しでも良い運を招き入れるため、引っ越しの際に意識してみては如何でしょうか。

これは日本最大級の不動産・住宅情報サイト「HOME’S」で掲載されているものです。
https://www.homes.co.jp/hikkoshi/cont/info/fortune/
風水と方位がセットになっていますが、引っ越しの時にもしかしたら方位も見てくれるのかな。
ホームズさんは「おしえて!ホームズくん」っていうのがあり、いろいろと引っ越しについての質問なども受け付けてます。
これはOKweb!と連携しているようで、ホームズさんだけじゃなくてスーモさんとかも連携してます。
ただ・・・、中の人が答えているのではなく、いろいろな人が答えています。(私も答えてます(笑)・・・ただし、気が向いたら)
ホームズさんは検索結果で結構上の方に出てきたので目につきましたが、スーモさんとかも企画でやってた時もあるようです。
2011年・12年はそういう意味では引っ越しに方位が結構取りざたされたのかもしれないです。
ところが、大手の不動産会社であっても、中小の不動産会社であっても、窓口ではどうなってるか分からないのですが、ネット上ではほとんど今は取り扱っている雰囲気がないです。
雑誌などではちょいちょい取りあげられていますが。

不動産屋さんのオーナーさんが気学をやっている

不動産屋さんが気学をやっているケースもありますが、それ以上に多いのは家相や風水をやっている方が多いことです。
これはさすがです。
風水や家相、方位のことで、本当は不動産屋さんが答えてくれるのが一番良いような気もします。
でも、絶対数が少ないので、なんともかんとも。
こんな感じで「引っ越しをしようとしたら、方位が気になった」時は、実際には不動産屋さんはあまり力になってくれないかも知れないということです。
※知り合いの不動産屋さんによると、方位や家相を気にする人は一定数いるそうです。
最初から方位や風水などを扱っているところならば別ですが、そんな不動産屋さんがたくさんあるわけないですし。

引っ越す方位が明確だと選べる物件は少なくなる

優先順位を明確にして、方位内で物件を探すだけなので、自然と限定されていきます。
物件が少ないので条件を明確にすると、選ぶか選ばないかになってきます。
注意点としては、引っ越しの時に方位の事が気になるとあれこれと調べたくなることです。

このときにインターネットで調べるとえらいことになります。

でも、調べないわけにはいかないし、気も済まない。
とても判断が難しいところです。
正直なところ「引っ越し先が決まっているならば、調べない方が良いのではないか」と思っています。
万が一凶方位とかだと不安が強くなってしまいます。

もし凶方位だと取れる手段が少なくなる

引っ越し先が決まった後で相談されるならば「引っ越し先が決まっているけれど、キャンセルしてもよい」ぐらいの状況が望ましいです。
凶方位だけどなんとか方位の影響を弱く出来ませんか?っていう人がたまにいますが、難しいです。
調整が出来る場合は良いのですが、こういうご相談の時は大抵既にがちがちに決まっていることが多いためです。
最終的にそこに引っ越す以外に選択肢がないならば、ど~んと引っ越して、それから対応することにします。
もちろん、事前に気になったとか、方位の事を知り得たというのは意味があるかも知れません。
じゃあどうするかってなった時に一人では難しいです。
引っ越しの方位が気になった時は早めに相談されると良いです。
早めであれば対処もしやすくなりますので。
【関連するまとめリンク】
「吉方位・凶方位の効果・影響は無い?気にしないでも良い時・良い人のまとめ」