占い師の引っ越しで大事にすること、気にしないこと

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

占い師が引っ越しをするときのやり方は普通とそんなに変わらないです。

来年、引っ越しをしようと思ってます。
私のところに相談される方の多くも、引っ越しのことで相談されるケースが多いです。
大体は既に物件が決まっているなどで相談される場合が多いですが、たまに方位を事前に知って、いつの時期であれば良いか相談される方もいらっしゃいます。
引っ越しは人生に大きく関わってくるために、家庭環境など様々な変化が絡んできますが、一番大きいのは職場に関わるところでしょうか。

私の場合も同様で、家内の職場に少しでも近いところに引越しをしようかなと、夫婦で話しながら計画をしています

私自身は自営業ですからどこに居ても良いのですが、会社勤めの人は職住が接近している方が良い場合があります(人によります)。
私も家内も地方の人間ですから、1時間が普通の通勤時間といわれても、身体的に受け付けない部分もあります。
私自身、大学時代に大学の隣に住んでいたこともあり、職場が近いことがどれだけ便利なのか良くわかっていることもあります。
この辺は人によるのですが、私の家族については職住が近い方が良いです。
丁度、今のマンションの更新時期にもあたるため、どうせならさらに近いマンションに引越したいな~って考え始めたのでした。
そこで早速、日盤で良い方位の不動産屋さんをあたってます。
面白いのは、最初の1件目の不動産屋さんが正直ひどかったことです(笑)。
まぁ、確かに来年の話ですから力が入らないのも分かるのですが、それにしても「また来てね」って感じがてんこ盛りでした。

吉方位なのにそういうことあるの?

方位を利用して物事に当たっているからこそ、こういうことがはっきりします。
「この不動産屋さんには縁がないんですよ」って教えてくれている状況です。
方位の良いところ、特に吉方位の良いところは、善し悪しがはっきり出やすいことです。
悪い事を避けるのでは無く、自分に合う合わないをはっきりさせてくれることで、選びやすくしてくれます。
方位の良いときにこつこつ新しい不動産屋さんをまわって、現在5件の不動産屋をまわりました。
とにかく地域は限定されていますので、不動産屋さんの数も限られるのですが、全部で10件ぐらいはあると思うので、とにかく、全部をまわるつもりでいます。

おもしろいのは訪問する不動産屋さんの件数が増えるたびに、より明確に対応が分かれてくることです

物件数が限られた地域ですので、似たような物件ばかりですし、しかも来年の話です。
まだまだこれからの話になるのですが、少なくとも物件を決めようとしている意識ははっきりしています。
このため、その意識を感じている営業の方は、積極的に対応してくれます。
引っ越しなどで不動産屋まわりは大変っていう方は多いのですが、どうしてたくさんまわるのかというと、ちゃんと理由があるんです。
たくさんまわるということは、それだけ多くの人に「今、私たちは家を探してるんです。できれば条件にあった良い家がないでしょうか?」という意識を伝えていることになります。
すると、その探してるよ~っていう願いが、多くの不動産屋さんを通して、いろんなところに伝わっていきます。
もちろん、時間がかかる場合もあるでしょうが、そうすることでひょっこり良物件が出てくることがあるんです。
だからこそ、吉方位のときに不動産屋をまわってます。
こういうことが分かっていると、家探しも力がはいります。