吉方位・大凶方位の影響、あなたは強い人・弱い人?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

方位が気になり始めると、いろいろなことを考えるようになります。

たとえば吉方位旅行などをする場合であれば、良いことが起きる、運が良い何かが起きる、と期待するわけです。
そしてその反面、本当にそういうことが起きるのかな?とも思います。
方位の相談を受ける中で、一つの傾向があります。
それは、方位の影響を受けやすい人と受けにくい人がいる、ということです。
前にもところどころで話しに出てきていますが、方位の影響を受けいても比較的それを感じないタイプというのは、「楽観的な人」が多いです。
「楽観的な人」「前向きな人」「くじけない人」・・・こういうタイプの人は起きた現象に対して抵抗力があるので、方位の影響をあまり感じません。

特に、悪い方、大凶の影響を感じないようです

逆に良い方の影響はより良く感じ、結果として吉方位の影響は強く、大凶方位の影響は弱く、という感じになっています。
そしてこの逆のパターンが「悲観的な人」。
このタイプの人は比較的、大凶の方位の影響を強く受けます。
しかし、「悲観的な人」とご自分で認識している場合は、少しずつ変わっていくことができます。
方位を利用するときに、特に良いことを意識するようにすれば、大分変わってきます。
ただ、本来の本当?の「悲観的な人」というのは、自分では分かりませんので、これはこれで「楽観的な人」と同じレベルになるので不思議です。

つまり、方位の影響があってもよく分からない、それが普通、と感じるわけです

さて、あなたご自身が方位の影響を強く受けるタイプか、それともそれほどではないのか、という判断の基準をお話します。
それは、過去の移転や旅行などに合わせて、方位の現象を当てはめてみる、という方法です。
たとえば、過去に本命殺の方位に引っ越したであるとか、逆に吉方位へ引っ越したという場合に、その前後のあなた自身の状況をみるわけです。
その結果、どの程度方位の特性に近い形になっているか、それとも全く当てはまっていないのか、そういうことを客観的に分析するわけです。
そして、当てはまっていることが多い場合は、方位の影響を良くも悪くも強く受けるタイプ、そして当てはまっていることが少ない場合は、方位の影響が少ないタイプ、と判断できます。
私が鑑定した中でも、実際に統計を取ったわけではありませんが、大体20人に1人ぐらいの割合で方位の影響が少ない人に出会います。

ちなみに方位の影響が少ないとご本人が判断しても、方位の影響を受けていない、ということではありません

本人の自覚と周りの人の判断には違いがあるように、過去をさかのぼると実際には影響を受けている、ということは多いです。
方位の影響というのは感じ方でかなり違ってくるので難しいところですが、方位の特性を意識しながら行動することで、また違った人生をおくることは出来るのではないか、と思います。
また、あなたが方位の影響を強く受けるタイプであるならば、上手に方位を利用してやればもっとより良い人生をおくることが出来ます。
あなた自身のタイプをしっかりと把握して方位を活用すると、また違った面が見えてくるかもしれないです。
方位の影響を強く受けるなら強く受けるなりに、そして弱いなら弱いなりに上手に方位を利用したいですね。