最大吉方位じゃないとだめなの?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

最大吉方位じゃなくて良いです。

確かに私も昔は「とにかく最高の方位が良い!」ということを大事にしていました。

ところが、ここのところ「大事なのは方位の影響の度合いじゃない」というところに基準がうつってきています。

なんでこんな話になっているかというと、「吉方位」とか「凶方位」っていう知識が広まるに従って、「吉方位の影響がよく分からない」とか「凶方位が怖い」っていう話が頻繁に出てくるためです。

挙げ句の果てに「最大吉方位で引っ越したい(旅行したい)のですが」という話まで出てきます。

こういうのは自分の人生基準じゃなくて、占い基準に人生がなっちゃっている状態です。

占いを基準にしすぎると選択肢が少なくなる

人それぞれ、いつでも最大吉方位が良いわけじゃないです。

というよりも、そもそも、吉方位は取れば良いというものじゃなくて、その人にあったバランスの方が重要です。

あ、もちろん、方位なんてどうでも良いってことじゃなくて、なんでも「最大吉方位が良い」ということじゃないってことです。

ありがちなのが、引っ越すと逆に不便になるのに「最大吉方位だから引っ越します」っていう話が出ることがあります。

まあ、人それぞれ自由なのでその辺はお任せしますが、いつもお話をするように「なぜ運を上げるの?」「運を上げてどうしたいの?」っていう視点がどうも抜けている感じがします。

金運を上げたいのにお金を使うのは逆

これは、金運を上げているようにみえて、実は金運を下げている状態です。

ものすごく分かりやすい状況になっているのに、「吉方位さえ取っていれば」みたいな思考になった結果、現状が見えなくなっているわけです。

じゃあ、最大吉方位は意味ないの?という疑問もわくかも知れません。

大事なのは、「その人にとって現状はどうなのか、そして、吉方位となる方位にはその人にとって何があるのか」ということを見極めること。

大事なのは「方位の強さ」ではなく、「どの方位を取るのか」ということと、「そこに何があるのか」ってことです。

それを鑑定するのが占い師ですし、バランスを考慮し、その人にとって一番効果的な運気アップを見極め、良い流れを引き寄せて貰えるようにしていくのが役割です。

単純に方位の強さだけで良いなら、本屋で十分(笑)

最大吉方位が取れなくて・・・なんていうことでがっかりする必要もないですし、じつは「そこに大切なヒントがある」ことも多いです。

大切なのは方位の強さではない、ということを覚えておけば、いろいろと見えてくるものもあると思いますよ。