引越しの時に方位・家相・風水・運勢の何を大切にしたらよい?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

引越しの時には「吉方位を意識して、凶方位を避けた方が良い!」と思う人は多いですが、実際には少し違います。

普通は吉方位か凶方位だけで占う占い師さんが多いですが、それでは足りません。

私の場合も方位の占いを中心にしつつ、方位だけで鑑定結果をお伝えすることはありません。

引っ越しは人生の節目になりやすく、吉か凶か以外にも重要なタイミングを教えてくれていたり、運勢の流れが表面化していたりするからです。

方位しか占いの基準がないと凶方位は「ダメ」にしかならない

凶方位・吉方位以前に方位鑑定をする時は大事なポイントがあります。

ありがちなのが単純に引っ越しの方位を占ってしまうケースですが、これでは必要な占いの結果を出すことが出来ません。

引っ越しは通常、何か目的があるはずです。

何となく引越しをしたいという人は、そんなに居ません。

方位が気になる人と私(占い師)ではここに違いが出てきます。

方位が気になる人は、引越しを吉方位か凶方位で考えます。

方位を基準にしつつも、他にも大事な事がある

吉方位はどこか?で探すのでは無く、相談者が行きたいところは吉方位になる?凶方位じゃ無い?というのがその違いであり、大事なポイントです。

占いを判断の中心にしてしまうと、引越しの時に重視するのは「方位」が一番に来ます。

でも私(占い師)は占いを判断の中心にせず、相談者自身を現実を中心にします。

すると、重視する占いの基準も相談者によって変わります。

このメリットは「方位が悪くても」「家相が悪くても」「運勢が悪くても」、他に選択肢があるのでは?という救いの基準が出てくることです。

落としどころを見つけやすくする占いを優先的に使います。

これは相談者の現状や過去、今後望んでいることによって、重視するものが変わるからです。

そして、これが「占いの当たり前」ですし、占いを基準にしつつも、メインは相談者そのものを占いの中心にするやり方です。

方位が一番大事と言って欲しい人もいる

方位が一番重要という人はそれはそれで良いのですが、それで幸せになれるかは別のお話です。

一時的には良いですが、1年2年と時間が過ぎていくときに「我にかえる」と思います。

そして、占いなんて当てにならないとなっていくかもしれません。

行き着くところは現実と占いのバランスが大事だということです。

方位も占いも現実をねじ曲げないものを選択すると良いです。

何が大切かといえば全部大切ですが、現実と折り合いを付けることが出来るものが一番良い占いということになるからです。

一緒に読んでみてください:
「家相・風水・方位を意識してたら引越しなんて出来ないし、どこにも住めない!」