婚活か仕事か迷ったときはあなたにとって大事なことを中心にする

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

30代、40代の婚活か仕事かで迷う時に大事なこと

本当は20代から始まっている婚活ですが、20代は仕事を始めたばかりだからまずは仕事からっていうケースが多いです。
30代になると結婚の事も考え始めますが、仕事も忙しいので「出会いが無い」と呪文のように言い始めます。
気がついたらアラフォー、アラフィフ。
がんばってきた仕事にも迷いが出てきてどうしようという感じになってきます。
婚活も仕事もどちらも大事、自分は一体どうしたら良いの?
もしこうなったときは、まずは軸足を定めます。

ここで占いの出番が出てきます

人がチャンスをつかみやすいタイミングがあります。
それは「調子が良いとき」です。
この調子の良さを再現する簡単な方法は「自分は何をしたら良いのかを明確にする」ということです。
婚活か仕事かどちらが良いのか?という意味では無いです。
人によっては婚活最優先ってこともあれば、仕事が最優先ってこともあります。
どちらに対してもどうして良いか分からなくなってしまって、あなたの本分(自分にとって一番大事なこと)も分からなくなっていることが多いです。
昔の調子の良かった時を思い出せれば良いのですが、「自分はどうすれば幸せになれるのか」が分からなくなってくることで、そんな余裕も無くなります。

大事なことは「今が一番良いチャンス」ということ


今が一番良いチャンスというのは、今が一番元気だし、今が一番若いし、今が一番人生で時間を確保出来るからです。
「だから焦るんです!」って声が聞こえそうですが、だから、まずは何が大事なのかをハッキリさせることです。
大事にすることが分かれば、迷ったらまずはそこに力を注ぎます。
その上で、もう一つの方(婚活か仕事か)に力を尽くします。
両方ともそれなりではなく、メインとサブをハッキリさせます。
そうすると、自分がどうしたら良いかが常にハッキリするので、生活にメリハリがつき行動しやすくなります。

心に余裕が持てると婚活も仕事もわくわくする

特に婚活は出会いなので、焦ると辛いです。
相手との距離感も分からなくなるデメリットも付いてきます。
結果的に仕事も中途半端になったりします。
人によって占いで出てくる大事さというのは違います。
でも、そこを見つめ直して生活に反映させることで、流れがスムーズになることも多いです。
ぐるぐると同じところを巡っているなら、次の一歩を踏み出すきっかけに使ってみてください。