引っ越しの方位で気をつけた方が良いこと

九星気学占いと方位

引越しをする(した)時に、何かの拍子に方位が気になったら、一番最初は「今の状況」を整理することから始めます。

引っ越しの方位が気になる人にはパターンがあって
・最初は全然気にしてなかったけど気になってきた
・心当たりがあって気になっている
・周りの人から指摘された
・もともと知っていた
という感じです。
傾向としては「気になり続けている」ということです。
気にならない人、意識に残らない人は自然と忘れていくので1週間ぐらい放置しておくと良いです。

その後も気になるようなら、どうするかです

方位が気になっているのですから方位鑑定を受ければ良いのですが、この時に目安があります。
一番最初にチェックするのは方位の状況の前に、あなた自身の「現状」です。
方位の状況は鑑定をしてみないと分からないですが、良かろうが悪かろうが「現状」が目安になります。
これは方位を鑑定する時にも一つの目安になるもので、今すでに凶方位の影響を受けているのか、それとも引っ越し後に影響を受ける流れなのかを見極めます。
今が「きついな~」「つらいな~」という感じなら、凶方位の影響を受けている可能性が大きいです。
「いつもどおり」「どちらかというと良い」という感じなら、方位的に悪くないかもしれません。
凶方位を選ぶとき、特にすぐに影響を受けるような時期や方位を選んでいるときは、ここに至るまでにいろいろと停滞していることが多いです。
それが良い悪いというよりも、今回の選択によって更にきつい流れが押し寄せる可能性がある、ということです。
運命や運勢には良いとき悪いときというのは必ずついて回るので、悪いときには悪いなりに出来るだけうまく切り抜けていきたいところです。

そのために現状と占いを結びつけて、対策を練ります

悪い時期に急激な落ち込みを避け、悪いなりに緩やかな衰退で耐えやすくします。
凶方位を吉の流れにするというのはその労力も負担も大きいです。
それが出来るならば良いのかもしれませんが、出来るケースは限られます。
このため、引っ越しの方位が気になったときは、まずは方位の状況そのものよりも「今の生活がどうなのか」をはっきりさせます。
その上で今がきついなら「方位的に出来ること」「方位以外で出来ること」を占っていきます。
現状をはっきりさせないで「占い的にはどうなのだろう」ってやってしまうと、自分で自分を土ツボに追い込んでしまいます。
凶方位とかを調べてしまうと、死ぬとか事故るとか破産するとか、もうなんでもありの状態です。
載せられている情報だけを見て自分を不安にさせることにメリットはありません(占い師側にメリットがあるだけです(笑))。
だからこそ、方位が気になったときは最初に今を知り、その上で鑑定を受けるなら受けるという流れが安心です。