九星気学や方位学だけで方位を意識していると行き詰まる?

九星気学占いと方位

一つの占いだけだとどこかに無理が出てきて、行き詰まる時がきます。

吉方位を意識している人ならお分かりになると思いますが、自分が望んでいることと方位が合わないときがあります。
このとき、方位しか分からない人は他にとれる手段がないです。
そして、行き詰まります。
この状態にはまってしまうと、何かを諦めることになります。
大抵は「自分が望んでいること」を諦めます。
理由は簡単です。
不幸になりたくないから。

でも、自分が望んでいることを諦めている段階で不幸なんですが、その辺はどうなんでしょうか

占い師の内田さんがいろんな占いを使っているのも、これが理由です。
自分で意識して吉方位をとったりするのは良いんです。
比較的やりやすいから。
でも、自分の思ったとおりに出来ることなんてわずかです。
出張とか、転勤とか、帰省とか、旅行とか、それだけでなく何かを始めたり、変更したり、方位が絡む事なんて山ほどあります。
一般的には引っ越しや旅行にしか使わないけれど、本当はもっと適用範囲は広いです。

自分のコントロール出来ない方位の影響の方が本当は大きいです

それを何とか意識して流れを変えようとするのが九星気学や方位学です。
でも、どうしても方位だけでは「諦めるしかない」とか、「何かを切り捨てるしかない」という状況を引き起こすことがあります。
本来、占いはここで力を発揮することが必要です。
力を発揮するとは「何を優先する必要があるのかを明確にする」ということです。
方位が教えてくれている吉方位や凶方位というのは、やろうとしている先にある「困難さ」です。

それが凶方位の場合、とれる選択肢が限られます

そして、多くのケースでは進むか引くかという状況の時、何を選んでも良い方位が取れなくなってます。
このとき九星気学や方位学は行き詰まります。
何を優先して良いか分からなくなるんです。
理屈上は凶方位を避けるという選択肢しか出てきません。
その結果、その人はおもしろくもない人生を選ぶかもしれないです。
いえ、その可能性の方が高いです。

だって、不幸になりたくないから

でも、さっき言ったとおり、止めるという選択の方が不幸じゃないですか?って。
いろいろと考えすぎて分からなくなってしまってるんですよね。
こういうとき、違う側面からその人のやろうとしていることを分析することが出来れば、人生が変わります。
本当にその人にとって大事なことは何なのか、それは運気を下げるということよりも必要なのかそうでもないのか、今何を選択することがベストなのか、こういうことが分かると素敵じゃないですか?
私は素敵だと思っています。
人生に不安はついてきます。
その不安を少しでも解消し快適な人生にしていくために方位を活用するわけですが、方位の限界を知っておけば道が開けます。

こだわる必要があるのは自分の人生です

そのために最適な選択を教えてくれる、それが占いです。
方位だけが占いじゃない、そういうところまで意識が向くといろんな選択肢が出てきます。
行き詰まってしまったら、ちょっと視点を変えてみてください。
そこにヒントがあります。