九星気学の吉方位・凶方位の影響がある人無い人

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

九星気学の吉方位の影響、凶方位の影響がある人なのか無い人なのかは鑑定すれば分かります。

凶方位の影響を避けて吉方位の影響を受けたいっていう人は、方位の事を知っている人に多いです。
一方で凶方位の影響を受けないで済む方法はないだろうか?って探している人も多いです。
占い師の内田さんの立場は「方位の影響は全ての人にあると考えているけれど、影響が薄い(体感しない)というのも現実にある」という立場です。
これは凶方位だけでなく、吉方位も同様です。
吉方位も?って感じですが、凶方位の影響を受けないなら吉方位の影響だって受けるわけ無いです(笑)
そんなに都合の良いようには出来てないです。

このため、方位の影響がないっていう人は、吉だろうが凶だろうが、方位で運気の目安を得る事は出来ません

方位の影響があった方が良いのか、ない方が良いのかは別問題ですが、影響があるかないかは鑑定をしてみれば分かります。
残念なことかもしれませんが、影響があると鑑定された方は要注意ですし、影響がないという方は方位は忘れて良いです。
ただし、一つポイントがあって「九星気学・方位学という占いにおいて方位の影響がある、あるいは無い」ということ、を理解してください。
他の方位を占う方法で方位の影響を見たときには、違う結果が出ることがあるかもしれません(分からないですが)。
しかし、とにかく一つの方法で鑑定をした結果、出てきた結果を目安にすることは可能です。
だからこそ、方位の影響がないと分かった人は、少なくとも今の段階では九星気学・方位学の鑑定を受ける必要は無いということになります。
一方で方位の影響があると分かった人は、九星気学・方位学が行動の目安になってくれます。
これはかなり大事な事で「影響があるはずだ」とか、「そんなのないはずだ」と考えるのは無意味と言うことです。

鑑定をすれば自分自身のことですから、何となく分かります

影響がある人は凶方位の影響もそうですが、吉方位の影響もあるので両方をバランス良くコントロールする必要があります。
影響が無い人は方位で何とかしようとしても無駄なので、他の事に意識を向けた方が良いです。
影響があるのに「ないはず」って思ってもしょうが無いですし、影響がないのに「なんとかならないだろうか」と思ってもしょうが無いです。
いつも言いますが「万人に方位の影響があるとは思うけれど、それを体感出来る人もいれば、体感出来ない人もいる」ということです。
体感出来ない人を出来るようにする方法は分からないですし、体感している人を体感出来なくても済むようにするっていうのもまた分からないです。
自分を知るということ、そして知った後、自分にあわせて選択していくことです。
自分が影響を受けるかどうかも分からないのに不安になってもしょうが無いです。
本当は引っ越しなどの場合、そこまで整理して(知って)からどうするか決めた方が良いです。
そうすれば、余計な事に惑わされなくて済みます。