吉方位に引っ越すよりも、引越したい場所が凶方位を避ける方が大事

九星気学占いと方位

九星気学の引越し方位鑑定には2パターンあります。

世の中の大半の方位鑑定をする占い師は「吉方位を基準」に鑑定をします。(当たり前(笑))
私は吉方位「だけ」を基準に鑑定をしません。
私は「引っ越したい場所・引っ越したい物件の方位が凶方位で無い」ことを重視します。
出来れば、吉方位に引越しが出来る方が良いです。
これは運気の流れ的に吉方位に引っ越しが出来るということは、吉の運気に乗ることが出来ると判断するためです。
ただし、人には社会生活があり、住みたい場所があり、生きていきたい場所があります。

吉方位中心の占いは現実を無視されやすい

占った占い師が吉方位優先主義の場合、相談者は辛くなることがあります。
吉方位に引越しをすることが最高であり、それ以外の選択は相談者にとって良いことはない、という偏りのある占い師です。
こういう占い師が合う相談者もいます。
とにかく運気を上げるために必要な方位と時期を教えて欲しいという相談者にとっては、良い占い師さんです。
「運気を上げるために、必要な方位や時期を教えて欲しいと思うものじゃないの?」と普通は考えます。
でも、実際には運気も大事なのは分かるけど、「私はこっちの方に住みたいんだけどな~」「私はこれぐらいの時期に住みたいんだけどな~」という気持ちが出てきます。
もし占いの時に出てこなくても、実際に吉方位だけを基準にして物件を探した場合、後になって「やっぱり住みにくいな~」と出てくる可能性が結構あります。

住みたい地域を中心にする方位鑑定もある

住みたい場所は?と聞いてくれ、吉方位はこれで、時期はこれでという感じで占いと相談者をきちんと繋ぐ占いもあります。
一番良い状態とは、住みたい場所が吉方位の時期に引越しをするです。
最大吉方位の時に引越しが出来る事が一番良い状態ではありません。
参考:「最大吉方位であれば何でも良いと思ってませんか?」
これに気がつかないと、占いで言われたからっていう変な話が出てきて、周りの人にどん引きされます。
占いを目安にすることが悪いわけではなく、「え?なんで占いだけで判断しちゃうの?」というのが普通の感覚だからです。
だからこそ、引越しの時に必要な事は「住みたいと思える場所に引っ越せるかどうか」です。

現実重視か占い重視かで、未来が変わる

現実に占いを合わせていく場合は、未来が自分の思った感じに進みやすいです。
一方で占いを軸にして、現実を占いに合わせて行く場合は、どこかで行き詰まります。
いつの日か「なんでこんなに占いを大事にしているのにこんな状況になるの?」という流れになるからです。
理由は簡単です。
自分の人生を活きていないからです。
吉方位に引っ越したいのは幸せになりたいからです。
運気は見えないものですから、見えないものを占いを目安にしてつかんでいくわけです。

運気が良くなっても幸せになれない理由

運気は活かしてこその運気です。
活かすためには生活が楽しくないと活かせないです。
住みたくも無い場所に引っ越して楽しい生活が出来るわけが無いです。
占いを大事にした方が良いのか、現実を大事にした方が良いのか、冷静になれば当たり前のように分かってきます。
だからこそ、まずは引っ越したい場所が大事です。
そして、それを軸に占いを進めていきます。
そうすれば、どこをどうしていけば良いかが見えてきます。
占いは結果ありきでは無く、現実とのすり合わせの中で最高の選択肢が出てくる、そんな感じです。
【関連するまとめリンク】
「吉方位旅行・引っ越しの効果・影響のまとめ」