吉方位の影響の受け方・凶方位の影響の避け方は自分次第?

九星気学占いと方位

吉方位の影響にしろ凶方位の影響にしろ、影響を無しにするというのは出来ないですが、受けやすくする、あるいは避けやすくするというのは自分次第です。
ただし、その自分っていうのは「占い上の自分」です。
その人自身が持つ生き方であったり、資質であったり、運勢であったりです。
もちろん、人によっては「感覚」でうまく流れに乗ったり避けたり出来る人がいます。
ただ、感覚というのは常に一定ではありませんので、壁にぶつかったときに苦労します。

私が「占いは良いな」と思うのは、その軸がぶれないことです

自分自身の生き方も、その根っこの部分は不変です。
だからこそ、「常に変わらない基準で目の前の状況を受け止めていく」ということが出来れば、最高の人生になっていきます。
最高の人生は苦労が無いとか、失敗が無いとか、そういうことじゃないです。
もしかしたら、はた目には苦労と失敗の連続かもしれません。
ところが、本人は幸せなんです。
私は占いをするときにいつもご相談者にお聞きするのが「どうしたいですか?」「楽しいですか?」です。
楽しくない選択をするとき、やりたくない選択をするとき、自分の生き方ではない選択をし続けた結果であることが多いです。

吉方位の影響や凶方位の影響も、その人の生き方にかなり強く影響を受けます

自分の生き方がしっかりしている人に対して、凶方位の影響は「あるけれど弱い」です。
吉方位の影響は上手に受けて流れにのります。
その証拠に今が辛い状況にある人ほど凶方位を選び、今が幸せな人ほど吉方位を選びます。
ちゃんと繋がっています。
これが占いではとても大切で「机上の計算だとこうなる」というだけでなく、どうやって現実とすり合わせていくかというのはもっと大事な事です。
だからこそ、自分の方位の影響の受ける度合いはどうなんだろうかって知るのは役立ちます。
目安が分かると、方位を気にした方が良いのか、あるいは他の事を気にした方が良いのかということも分かります。

方位の影響は自分次第だから頑張れば大丈夫、ということじゃないです

大切なことは方位の影響も占いも、それを扱うのは自分なのだから、目安を自分に置くのは大切だよって事。
漠然と感じるのでは無く、「自分の場合はこうなんだな」って事が分かると楽なんですよね。
余計なことで悩まなくて済みますし、不安になったときに目安にもなりますし。
方位の影響は自分次第です。
しかし、その自分をどの程度意識しているかで、方位の影響の受け方も変わります。