婚活を止める・出会いを探すのを止めることで運が向く

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

願いを叶えるために無理をするよりも、自分らしくあることで願いを叶えるほうが良い

今回のお話、タイトルをどうしようかって悩んだんですが、そのものずばりの方が良いよなってことで結局採用しました。
出会いが無いっていう人は、出会いを探すのを止めたら運が向くよっていうお話です。
婚活で疲れちゃってるなら、もう止めちゃいなよって、そうすれば流れが変わるよってお話です。
乱暴だよなって自分でも思うのですが、占い的には意味があります。
何かを一生懸命やっていて芽が出ないとき、それはやり方が間違っている事が多いです。
[ad1]

やり方が間違っていても、楽しければ全然OK!

楽しいっていうのはすべての悪条件を吹き飛ばしてくれるだけの力があるので、本人がそれで良いなら良いんです。
ところが、額にしわを寄せている状態はやばいです。
自分ががんばるところってそこじゃ無いんじゃ無い?って気がついてない状態です。
これは金運を上げたいっていう人にもよくお話をするのですが、軸がしっかりして、それを中心に頑張っていればちゃんと収入は増えていくよって伝えてます。
人それぞれ大切にした方が良いことって違います。
それは本人が何を望んでいるのかというのとは関係なく存在します。
今が充実している人は、自分軸の事をどこまで知っているかは別にして、ちゃんと自分軸に沿ってるんですよね。

本当に世の中うまく出来てるって感じる瞬間です

ポイントは「意識を向ける方向を変える」ってことです。
うまくいかないときは意識が堅くなってしまっていて、柔軟性が抜けているような気がします。
「こうしなきゃいけない!」「今何とかしなきゃ!」という感じ。
でも、これまでうまくいかなかったなら、思い切って投げ出しちゃう。
よく言うじゃないですか、捨てる神あれば拾う神ありって。
これは肩の力が抜けることによって、意外にチャンスが目の前にあるってことに気づけると言うことです。

現実を知るって事かもしれないです

この場合の現実っていうのは、「その求め方じゃ無いよ」ってことです。
その目安として自分軸を整理します。
そして、何を大切にしたら良いかってところから始めます。
大体、自分が大切だと想っていることから離れてます(笑)。
運気の良い状態って自分が活き活きしている状態なんです。
どっちが先でもOK。
運気を良くして活き活きしていっても良いし、活き活きすることで運気を上げても良いんです。

そうすると、婚活を止めたはずなのに、なぜかきっかけが増えていきます

きっかけが増える理由は簡単で、余計な力がかからず自分らしくいられるからです。
自分らしく居ると「自分に合った人に気づきやすくなる」というのもポイントです。
やることはやる、楽しむところは楽しむ、無理はしない、でもわくわくすることは全力で。
これで魅力的にならない方が怖いです(笑)
魅力がアップするとご縁が繋がりやすくなります。
女子力を上げることよりも大事なポイントになります。