惚れやすさが恋愛レベルを上げてくれる

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

年齢が上になると「惚れやすい」人ほどお得な世界

惚れやすさって特に出会いを活かす上では大事です。
惚れやすさというのは、目の前の人の好きなところを感じる力のことです。
自分が感じるその人の好きなところなので、千差万別です。
相手の年収が好きとかそういうのじゃ無いです(笑)
あくまで、その人が身一つで持っているもの。
真剣なところかもしれないし、楽しいところかも知れない。
外見かもしれないし、気持ちの部分かもしれないです。
「人付き合いが続く」っていうのは、「その人の好きなところが自分にとって大切な部分である」ということです。
結構デリケートな部分ですよね。
[ad1]

でも、こういうところをポイントにしていると、出会いには困らないです

だって、全部の出会いがチャンスなんですもん。
一体何のチャンスかなって一瞬思いましたが、まあ、ご縁が繋がるチャンス?みたいな感じ。
30代、40代、50代となって出会いが無いという場合、惚れやすさが鈍感になっていることも多いです。
惚れやすさどころか、相手を値踏みしてしまう力ばっかり発達しちゃっている場合もあります。
これは条件で相手を見てしまう場合によくある話です。
多いのは年齢・年収・どこに住んでいるか。
惚れっぽい人は、こんなの全然気にしないです。

惚れっぽい人が見ている世界は、常に目の前のあなた自身です

年齢なんて、年齢を気にしない国だったら、自分で何歳って付けちゃうぐらい意味の無いものです。
年収なんて、大企業でも潰れればゼロ。
どこに住んでるかなんて、選択の自由です。
つまり、条件っていうのは目安になるように見えて目安にならないのです。
少しでも安心したいから条件で選ぶんだけど、それでうまく行かないから出会いがないって言い始めるんです。
出会いは自分で作るものですよね?
機会を作るだけでは足りなくて、相手に関心を持っていくことが大事。
相手を選ぼうとするんじゃ無くて、相手を感じることに力を尽くす。

婚活で大事な事は、結婚相手を探すのでは無くて、まずは相手を知ろうとするところから始める

判断しようとしたら、間違うことの方が多いです。
だって、結婚って何十年も一緒に居るんです。
それをわずかな時間で「選ぼうとする」方が危ういです。
そうじゃなくて、時間を掛けて相手を知ろうとすること、そして、相手もそれを望んでくれるような人を探すことです。
相手を知ろうとしていく中でうまく行かない場合はやっぱり無理です。
ところが、知ろうとしていく中で、何となく安心出来る、何となく楽しい、そういう瞬間が出てくるようならば、それはご縁のある証拠。
でも条件に目が行っちゃうとチャンスが逃げていきます。
私は鑑定の時に出会いが無いって言う人には、とにかく好きになる力をアップさせましょうって話をします。

好きになるっていうのは相手の好きなところを探す事です

ただし、付き合うかどうかっていう相手だけじゃ無くて、普段から接触ある人全員です。
服がおしゃれでも良いですし、声が好きでも良いですし、恥ずかしがりなところが好きでも良いです。
出会いって冷静になればなるほど遠のいていきます。
だって、自分が冷静ってことは相手も冷静なんです。
それじゃあきつい。
そんな状態よりも、どれだけお互いに楽しくなるか。
ほら、誉められたらうれしいじゃ無いですか。
「~さんのイヤリング素敵ですね」っていわれたら、ちょっとテンションが上がります。

好きっていうのは「勘違い」ですから、どれだけ勝手に勘違いできるか

勘違いするためには、相手の中で自分の好きなところ探しをするのが一番手っ取り早いです。
そして、好きなところが増えてくると、本当に相手のことが好きになっちゃうんです。
勘違い力のたまものです(笑)
そういうことを大事にしてる人って、周りの事を幸せにしちゃうし、楽しくさせるし、自分もやっぱり楽しいしで良いことばっかりです。
相手が既婚者とか未婚とか年上とか年下とか、そういう目で見るんじゃ無くて、好きなところを探すこと。
すると、自分の中でどんどん恋愛レベルが高くなって、出会う人出会う人みんな好きになっちゃいます。
※ただし嫌なヤツは嫌なまま(笑)

嫌な人の事まで好きなところをピックアップなんてしなくて良いんです

その辺は大人の世界でうまく理解してください。
目の前の人の中に好きなところを見つけるのって簡単です。
いえ、簡単だと思えないうちは心が堅くなりすぎで修行が必要です。
修行っていっても簡単♪
目の前にいるいろんな人の中で好きなところを探す「努力」をすること。
好きなところに気がつき始めると、心がワクワクして毎日が楽しくなります。
そして、自然とこの人と一緒に居たい!って思えるような出会いに繋がっていきます。