方位の影響が分からないときは無視が一番良い理由

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

今回のお話ですが「方位の影響のあるなし」です。

実際には「方位の影響を感じるか感じないか」っていう方が言葉としては近いです。
そして、占い的には「感じないなら無視で良い」という事になります。
これは私の実際の鑑定でも近い表現になります。
「え?そんな無責任な?」
となる方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なのは「受け止め方」ではなく、現実がどうなのかってことです。
占いっていうのは、常に現実との比較で成り立つもので、理屈がどうとかではありません。

理屈は「凶方位に行けば悪いことが起きる」というものです

でも「凶方位に行っても悪いことが起きていないと感じるならば?」という前提条件は基本的になく、「何か理由があるはずだ」と追求するか、あるいは「気がついていないだけで影響は受けている」という答えになることが多いです。
しかし、占いは「人を怖がらせるために使うのは不可」と私は思っています。
理にかなわないような状況にあるならば、理を退け、現実を優先する方が余程理にかなってます。
だから「無視すれば良い」ってことになるんです。
ただし、それでは方位を基準にしていることにはならないです。

大事なのは「どういう状況ならば無視をして良くて、どういう状況ならば注意しなければならないか」ってこと

人間の感性って意外に適当に出来ていて「自分の直感は当たる」と思っていても的外れなことが多いです。
起きている現象を整理してみると、意外に悪い状況になっていることもあります。
もちろん、その逆もあります。
だからこそ、「この選択をした場合の目安はこうですよ」っていう情報を提供するわけです。
情報があれば、何かに気がついたとき力になってくれます。
「あ~、凶方位の影響っていうのはこういうことか・・・、吉方位の影響というのはこういうことか」ということが分かったとき、気がついたときに役立つ情報というのがあります。
それが取った方位の影響を知り、それをどう活かすかって事です。
そこまで鑑定した上で、今が気にならないならそれで良いじゃないっていう結論になるんです。
そして、何かあったときには目安をもとにして対処すれば良いだけのことです。