日盤方位はこういうことに使う

九星気学占いと方位

本日のお話は「日帰り旅行は方位の影響を受けないの?」っていうお話についてです。
たまにお話していますが、私自身は基本的に日帰り旅行についてはそこまで重視していません。
ただし、例外があります。
方位の影響というのは積み重ねが物を言います。
そのため、凶方位にばっかり移動していたり、あるいは物事がうまく行っていない状況、というときには日盤といえどもかなり注意したいです。
ただ、これはケースバイケースなので、一概に良いとも悪いとも言えない難しさがあります。
たとえば普段から吉方位旅行や引越など大きな移動で吉の流れを引き寄せている人は、そこまで気にしなくてよいです。
いい流れの中に居ますので、日盤程度の影響力では流れが変わりません。また、何かのきっかけになることも少ないです。
ところが、物事がうまく行っていない時というのは注意が必要です。
日盤でも大々凶となる方位ってあります。
ヘタすると4つぐらい大凶が重なったり・・・。
こういうのは本当にあります。
たとえば、暗剣殺で本命殺で日破が入っていて、おまけに月盤と同会月だと目も当てられなくなります。
またうまい具合に流れが悪い時にはそういう日を選ぶんです(笑)
(運の流れが良い人は、不思議とこういう日は避けます。凶方位があっても1個ぐらいで済んだり)
知っていて行動するならばまだ良いところがありますが、大抵の場合、こういう事に気付くことは稀です。
そうするとその時に受けている影響力ってあなどれなくて、かなり行動に注意したい日になります。
こういう日の場合は行動しないこともそうなのですが、家に居ても何かが舞い込んできやすくなるので、気をつけたいです。
大切なのは凶方位だから怖い・・・ということではなく、あなた自身の流れを知っておく、ということです。
人生なんていろいろとありますから、良い時もあればいまいちってときだってあります。
そういう時に何を判断材料とするかというと、自分自身の感性と客観的な状況判断です。
良い流れが来てないなって感じつつ、客観的にみても凶方位が重なっているっていう場合は、たとえその日だけの行動であっても予定を変更するか、予定を前倒しして行動する方が安心です。
日盤方位というのは影響力という点ではそれほど重視していませんが、物事の吉凶を見るという点ではこれほど重視しているものもありません。
人は無意識に行動しますよね。
何かをするにしても、なんとなくこの「日」とかって決めたりしませんか?
もちろん、前後の予定から考えて日にちを決めることもあります。
これが大切で、だからこそ日盤方位というのに意味が出てきます。
理由はどうあれその日に予定を入れたことがとても重要だってことです。
前後の流れから見て、普通はこの日にこの流れはないんだけどな・・・というのを占い師は読み取ったりします。
そうするとどこかに嫌な流れがあったりします。
でも、そういう予定はさけられないことが多い。
それならば、その日の前日に温泉に行ったり、あるいは後日旅行に行ったりするわけです。
そうやって流れを意識的に変えていく、そういうことが出来るのが日盤から出てくる流れです。
そういう意味では日盤もかなり使えますね(笑)