離婚をして正しかったのかと後悔しそうな時に大事な事

不倫・浮気・離婚占い

離婚をする事で悩む人は多いですが、離婚後に「本当に離婚をして良かったのだろうか」と悩む人もいます。

そして、離婚後に悩む人は離婚をするときにも相当悩んでいます。

結論から言いますとこのケースでは「自分のためにも離婚をしないと次に進めない」というのが占い上は出ていることが多いです。

離婚に至るケースは様々あると思いますが、私が取り扱う離婚の多くは「離婚せざるおえない」というケースが多いです。

でも、私の占いでは離婚をオススメするケースは少ないです

離婚を勧めない理由は離婚をする前に出来ることが他にもあることが多いからです。

不思議と私の所では既に離婚をされている人で離婚に後悔をして相談されるケースは少ないです。

離婚後に初めて私の占いを受ける方は「あの離婚は必要だった」というケースばかりです。

後悔が多いのは、離婚をしたくないのに離婚をせざるおえなかった場合です。

もちろん、私は離婚を強く勧めることはありません。

結局、何をどのように選択するかは相談者次第だからです。

私が提示するのは離婚をしない未来と離婚をした未来です。

私が離婚を提示する場合は、ほぼ二人の関係は末期になっていることが多いです

一緒に居ることが毒になる状態で、相談者もそれが分かっているという、しんどい事態になっています。

これは執着が人生を辛くしてしまっている状態です。

執着というか気持ちの問題です。

お互いの距離を置くことでうまく調整が出来ることもあるのですが、こちら側は良くてもあちら側がうまくいかないなどもあります。

結婚という形を維持する事が二人を不幸にしてしまうことがあります。

こういう場合、一緒にいるだけで関係が悪化してしまうので、離れる時間をつくるしかないです。

でも、難しい、けど一緒にいられない、そのジレンマで苦しみます。

その結果、離婚した後も本当にこれで良かったのだろうかとひたすら悩むことになります。

これは自分で自分に整理をつけるしかなく、時間の力を借りるしかありません。

何をどのように理解しようとしたとしても、自分のステージが変わらない限り苦しさを乗り越えられないからです。

離婚を正しい形に出来るかどうかは自分自身に掛かっています

いつまでも離婚を後悔していると、苦しさもずっと続きます。

向き合う以外に苦しさから抜け出す手段はないです。

苦しいながらも自分のした選択と向き合っていると、どこかの段階でスイッチが切り替わります。

占い上の節目のタイミングと一致することもあります。

このため、今の苦しさは〇〇ぐらいまで続くので踏ん張ってください、とお話をすることもあります。

辛い離婚は後になって「あれはあのとき必要だった」と気がつくことの方が多いです。

やっぱり離婚をしなければ良かったというケースは、私の所に相談されるケースは一例もありません

それぐらい離婚をするのは大変ということでもあります。

これはよくお客様にお伝えするのですが、もっと早い段階で相談してくださったらもっと楽に良い関係を作れたかもしれないです、とお話することがあります。

結婚前から問題を抱えていない限り、結婚の最初の頃は問題が無いことが多いです。

でも、一緒に暮らしていく中で思い違いや思い込み、すれ違いやズレなどで苦しくなってくる面が出てきます。

これぐらいの段階で相談をして頂けると、関係の修復をしやすくなります。

親子関係、人間関係でよくあるのが、見えている部分で判断してしまうことです。

見えている部分で判断する以外に方法は無いものですが、その解釈を間違ってしまうとズレはどんどん大きくなります。

そして、修復が難しくなるほどの関係になってしまう感じです。(参考:「親との関係、子供との関係を良好にするコツは占いで分かる」

結婚するぐらいですから、歩み寄ろうとする気持ちはありますが、その気持ちが無くなってからでは対応も難しくなります。

昔ならそれでも我慢し続ける風習がありましたが、今はそれもありません。

結果的に離婚以外に選択肢がなくなってしまうわけです。

それでも離婚する前の状態で相談されるケースでは、復活の可能性を残していることもあります。

やむを得ず離婚をした場合でも、二人の関係、家族の関係が無くなるわけではありません

これも昔と違う事です。

昔は離婚は離縁でしたが、今は離婚をしても関係を続けられますし、続きます。

だからこそ、離婚したからといってお先真っ暗になるわけでも無いのです。

もし、二人のご縁が繋がっているなら、離婚をしてから、再び関係を復活させる可能性もありますし、そういう人もいます。

離婚をしたことに悩むのは仕方が無いとしても、今必要な事を必死にやった方が未来が開けます。

もしかしたら、離婚をきっかけにして人生が復活するかもしれません。

どのような未来になるかは、今をどう過ごしていくかに掛かっています。

離婚が正しかったかどうかは将来に棚上げして、今は今出来ることをオススメします。

そうすることで自然と必要な答えが出てきます。

何をしたら良いか、それは占えばすぐに分かります。

何をしない方が良いかは離婚に引きずられることです。

そうじゃないと未来が開けませんので。