関心の無い吉方位に住むのと、凶方位にある住みたい場所に住むのとどちらが良い?

九星気学占いと方位

吉方位だろうが凶方位だろうが、まず大事な事は「そこに行きたいかどうか」です。

私の占いのやり方は、何となく周りの同業者さんと違うかな~って感じる部分があります。
一番は占いよりも現実を優先する点かも。
極論というわけじゃありませんが、最悪の方位だろうと運勢だろうと現実が良ければすべてよしという占い師です。
ルールは大事だけど、人それぞれルールの影響度合いは違うという現実があります。
そこに焦点を合わせているのが私の占い。
では引越しをする時に吉方位を選んだ方が良いか、住みたいところを選んだ方が良いかどちらでしょう。

吉方位で住みたいところを選ぶ人は100人のご相談の中でも2~3人です

私の所には方位の事はよく分からないという方が多いので、この数字は大体良いところです。
方位の事を知っている人の場合は、事前に調べていることが多いのですが、勘違いしているケースが多いです。
それが「住みたいところよりも吉方位で場所を選ぶ方が重要」という偏った考え方。
占いの影響を受けすぎです。
「住む場所」という意味合いは2つあって、一つは住みたい地域です。
方位鑑定はこの住みたい地域の方位の状況を教えてくれます。

もう一つの意味合いは「住むと良い場所」です

こちらは家相・風水鑑定のジャンルです。
方位が良ければ良いというわけじゃ無いということです。
しかし、それでもまずは「住みたい地域」が最初に来ます。
住むと良い場所を選ぶにしても、住みたい地域じゃないと意味が無いです。
人は占いで生きているわけじゃ無いのに、占いを受けるときにはこの辺がおろそかになります。
結果的に住みたい場所よりも、吉方位に住んだ方が良いという思考が生まれます。

間違ってます

なぜか?
占いは幸せを引き寄せる為に存在するものですし、使う物です。
住みたいかどうかも分からないような所に住んで幸せになるかな~。
私の占いの基準はすべてここから出発してます。
基準は占いではなく、その人の人生そのものです。
だから、私の占いは「妥協点」をひたすら探します。
関心の無い吉方位に住むような無意味なことをするぐらいなら、凶方位の住みたい場所に住んだ方が幸せになれます。

ただし「今は凶方位になっている」ということも、大切なシグナルです

現実と占いとを繋ぐのが私の仕事です。
でも、関心の無い吉方位に住むという選択肢はないです。
凶方位になっている住みたい場所に住んで良いかどうか、待てるのか、時期をずらせないのか、そういう可能性の模索しかしません。
大事な事は占いでは無く、現実です。
ここがしっかりしていると、実際の選択でも結構理にかなった選択になるものです。