開運期や幸運期を活かすコツ

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

開運の意味が分かっていると、普通より早くチャンスを呼び寄せる事が出来ます。

今回のお話は占い大好きさんには是非とも知っておいて頂きたいことです。

よく鑑定を受けると「開運期」とか「幸運期」とかって聞いたりすることがありませんか?

まあ、この逆は良く聞きますよね。

占いの種類にもよりますが、空亡(四柱推命)、天中殺(算命学)、大殺界(六星占術)とか厄年(?)とか、まあ占いの種類によって名称も時期も異なります。

ただ、良い時期悪い時期っていうことでそれぞれ存在するわけです。

そして、ここがものすごく重要なんですが、開運期というのは「開運する時期」です。幸運期も同じ意味です。

開運する時期ということはどういうことかお分かりですか?

運が開く時期ということですが、何もしなくても運が開くという意味ではなく、運が開くためには開くだけの根拠が必要な時期って事です。

これを理解していない人が結構居ます。

宝くじのお話と全く同じで、宝くじを買わない人が宝くじに当たるはずが無い。

さらにいえば、宝くじに当たったとしても、1等とは限らない。

しかし、とにかく買わないと始まらないのです。

ものすごく当たり前の事なので、こうやって聞けば「当たり前」と思われるはずです

ところが「開運期」とか「幸運期」って鑑定で聞くと、「どんな良いことがあるんだろう!」って根拠なく思うわけです。
それは理にかなわない。

期待を持つことはとても良いですが、期待だけを持っても効果は薄いってことです。

開運期というのはいわゆる放っておいても良い流れが来やすい時期です。

このため、「本来」は、この時期に合わせてそれまでに様々な準備をする、行動をしておくことが理想です。

また、開運期とは「実がなる時期」とも言えます。

朝顔だって花が咲くまでに時間がかかりますよね?

種を植えたら、明日には花が咲いているっていうことは無いです。

何でもそうですが何かを始めて結果が出るまでに時間がかかります

だからこそ、一番効果的なのは「開運期」に向けて種まきをしておくことです。

開運期に・・・じゃなくて、開運期にむけて・・・ね。

良くあるのは開運期に出会いが広がるっていうお話。

でも、これもよく考えてください。

今まで動いていなかったのに、急にこの時期に何か変化があると思いますか?

いえ、そもそも今まで動いていなかったら、出会いがあってもやっぱり動けないのです。

恋人が出来やすい人と出来にくい人の違いは別に造作じゃないです

いえ、もちろん、造作は大きいです(笑)

でも、それは微差でしかない。(大きいと言っているのに微差って矛盾だな・・・(笑))

一番大きい違いは、「あなたのことが好きだよ」って言っている数です。

結果が出るのは持っている条件そのものよりも、目的に向かってどれだけ明確に行動しているか、です。

そして、開運期とはその行動の「結果が明らかになりやすい時期」ということです。

だからこそ、その時期を事前に知ることが出来れば、それに向かってがんがん行動していけば、丁度、種まきの時期も終わり、幹が伸びる時期も終われば、後は実がなる時期です。

これが本来の開運期のとらえ方です。

それと大切な事ですが、開運期に入っても結果がなかなか出ない場合は、やっていることを見直す必要があります。

結果が出ないのですから、何かがずれているのです

しかも、開運期の良いところは「物事が明確になりやすい時期」ということでもあります。

だから結果が出やすいのですが、それなのに結果が出ないということは、何かが間違っているということです。

そういう場合は、意識的に微調整していくことです。

あれこれ試してみるって言っても良いかも知れません。

開運期だからこそ、この行動には特に意味があります。

というのも、うまくはまればさく!っと結果が出るからです。

これは吉方位旅行などで運を上げるケースでも同様です

吉方位旅行というのは、意識的に開運期を引っ張ってくる作業です。

つまり、吉方位旅行をしているのに結果が出ないってことは、何かがずれているってことです。

だからこそ、意識的に調整をしていくこと。

そうすれば、環境が整いやすくなり、結果も出やすくなります。また、出るまで如何にして調整をしていくかもポイントになります。

開運期とはチャレンジタイムで有り調整タイム、ということはこういうことです。

やれば結果が出る時期でもありますので、開運期を事前に知ることが出来た人は、是非是非活用してみてください。

開運期がよく分からないっていう人は、鑑定を受けてみると分かります。