開運期や幸運期を最高の流れの中で過ごすコツ

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

開運期・幸運期とは?

占いに関心がある人だと、幸運期とか開運期とかって聞いたことがあると思います。

手相でも開運期とかって言いますし、占星術でも幸運期とかっていう表現を使うことがあります。

また、手相では爪に白点が出るっていうのも幸運期の印と言ったりします。

でも開運期とか幸運期のとらえ方はどんな感じでしょうか。

占星術の場合はある程度決まったパターンがあります。つまり周期性があります。

手相の場合は周期性は無いけれど、運が開く時期というのが手相に出ることがあります。

また、周期性に関わらず占いを使うとその人の開運の流れをみることが出来ます。

方位鑑定をする九星気学・方位学でも分かる

その人がこれからやろうとしている事の方位の吉凶をみると良い流れになっているか、悪い流れになっているか分かります。

開運期とか幸運期とか、あるいは占いで分かる吉凶の流れとかもすべて「時期」を表しています。

言ってみれば信号と同じです。

今は青ですよ~、今は赤ですよ~ってことです。

信号は青なら渡る、赤なら止まるです。

これって開運や運気アップでもそのまんま同じことが言えます。

信号が青なのに渡らなかったら前に進めないし、赤で渡れば怪我をする可能性だってあります。

ただし、これは確率の問題でもあります。

信号が青だからって渡ったとしても、事故に合う可能性はあります。

信号が赤なのに渡っても無事というのもあります。

開運期・幸運期は「一つのタイミング」

だからこそ、この時期に動かないことには始まらないわけです。

そのため、開運期などは行動してこそ開運するとみます。

ただし、ここにはもうひとつ大切なことがあります。

そもそも開運期は「タイミング」です。

いろいろなタイミングが動き出す時期です。

だからこそ開運期になる前に、いろいろと準備を始めます。

結婚したい人は自分磨きはもちろんのこと、交際範囲を広げていきます。

仕事で成功したいなら、スキルアップはもちろんのこと、将来設計をつくりあげていきます。

開運期になる前に助走を始めることで、開運期に入ってからを順調に過ごすためのコツです。

開運期になってから行動を開始すると、そこが出発点になります。

すると時期が少しずれているので、何事もかみ合いにくくなります。

それでもタイミングを知って行動するのですから、変化の流れに乗れる部分も出てきます。

ただ、試験勉強のように意識して準備するのと、試験当日になって勉強するのとでは全然違うのと同じように、開運期や幸運期もまさにそれです。

占いでタイミングを知ることが出来たら、前もって準備を始めるチャンスです。