金運アップは収入アップに直結するわけではない!

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

今回は金運についてお話です。

実際、金運について相談を受けることも多いです。

世間的な理解は少し違うかもなと思いつつ、「金運が良い」っていうのは「収入が多い」ってことじゃないですがいかがでしょうか。

「金運が良い=無駄な出費が少ない・必要な分が入ってくる=お金に困りにくい」ということです。

勘違いすると金運=収入増加になる

もちろん、収入が多くなる事自体も金運につながっています。

しかし、金運はそもそも「お金があなたのところに集まる」という意味です。

つまり、出費が多いっていうことはお金が出ていっていますので、金運が低い状態です。

ただし、ここで注意したいのが、ケチになれって言ってるわけじゃないです。

無駄な出費を明確にし、それを抑えるところからです。

これが金運アップの第一歩です。

占いで明らかに出来る金運の場所

気学では旅行・引っ越しによって金運アップの流れを作ることが出来ますし、その他の占術ではお金に対してどのような特質を持っているかを見極めることが出来ます。

共通しているのは「お金」というものに対する意識の持ち方で、その流れが変わるということです。

お金のたまならない人がいますが、お金がたまらない=金運が無い、ということではありません。

金運は、金運=お金に変わるものもすべて含む、と理解します。

このため、いろんな人に食事を御馳走になったりするのも金運が高い状態です。

出費が増える時はお金の流れがはっきりする

一方で出費が増える、世間的にお金を使う時期はお金の流れが大事になります。

金運は信用に繋がっています。

「これぐらいなら良いか」という思いで、金運が下がります。

それと、もう一つ。

お金を意識的に使う使わないを判断出来る部分は良いですが、そうじゃない部分もあります。

物が壊れたり、慶弔費などです。

慶弔費は金運が減るとは考えない

慶弔費というのは、今までのお付き合いに感謝をし、その感謝を巡らせるためにお金を巡らせるわけです。

一方で物が壊れる時は注意しておく必要があります。

物が壊れる状況によっては運が下がり始めている可能性を教えてくれています。
「物が壊れるのは運が良い?それとも不運のシグナル?」

金運が下がると運が下がる前兆でもあります。

だからこそ、物が壊れたり急な出費が増えてくると、運が下がってきていると判断することがあります。

出費が増えることで運の下落を教えてくれています。

こういう時は、本当は効率よく吉方位旅行などで運気を上げて下がる運を上げたほうが良いです。

出費で要不要を分ける

物が壊れる=金運が下がる=現状が手に余っている、という事を教えてくれているからです。

ですから、分相応にスリム化すれば、運を下げている要素も一緒に切り離すことができるので、状態が落ち着きます。

金運一つでこういうことがいろいろと見えるわけですが、金運を上げたい時は無駄なお金を出さないところから始めることです。

やることをやりながら運気アップで吉方位旅行などを組み合わせていくと効果的です。