運気を上げて願いを叶えたい時に必要なこと

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

願いを叶えたいから運気を上げたい!

これは目的があるので手段として運気を上げる感じです。

運気を上げることは大事ですが、一番大事なことは「現実」です。

運気を上げたい!のに現実が後回しになっているケースは多いです。

運気を上げる、運勢を上げる、その結果として現実に変わるかどうかは「紙一重」です。

何かをやろうとしているときに全然ダメな場合は、いくら運気が良かろうが運勢が良かろうが現実は良くなっていかないです。

何かをやろうとしている時の運気や運勢の影響は「あと一つの偶然」が欲しいときに手に入れられるかどうかです。

これが紙一重の理由です。

でも、こんなことをいう占い師さんに出会うことは少なく、運気を上げていくことで願いを叶えましょう!という感じになりやすいです。

その割には現実も大事だっていうのですけど(笑)。

運気アップが目的になるのはおかしい

運気を上げれば上手くいくなら、みんなうまくいっています。

挙げ句の果てに、うまくいかないのは運気のあげ方・運勢のあげ方を間違っているから、という話が出てきたりもします。

運気を上げるとか、運勢を良くするには、まずは冷静さが必要です。

今の自分はどういう状況にあって、目の前の選択をしていくとどこに繋がっていくのかを知る必要があります。

私が占う時に現状把握を優先するのはこれが理由です。

求めている現実に対して何がズレていて、何が必要なのか、それを占いで明らかにしていきます。

それに合わせて運気を上げる必要があるなら吉方位旅行などを取り入れます。

これらを無しに運気を上げていっても、何に対して活かしていけば良いか分からないです。

現実を重視し運をサポートに使うと上手くいきやすくなります

願いを叶えたいと思う人の多くは頑張る人が多いです。

求めている事に対してズレがあると、頑張る人だけにズレ幅も大きくなります。

それを修正するのですから、形がはまると結果も出やすくなります。

一方で求めている事自体が難しい場合もあります。

それでもできる範囲の事をやることは重要です。

でも、そこに運気アップは入ってきません。

まずは現実で出来る事が最優先

上でもお話をしているように、運の善し悪しは「紙一重」です。

あと一つの偶然があるかどうかという時に運の良さが影響を及ぼします。

運の良さ自体は常に影響をしていますが、それを活かす土壌が必要ということです。

言葉にすればとても当たり前のことです。

その紙一重のためにとりあえず運気を上げておく、運の良い環境を整えておくというのは効果的です。

でも、そのために割く労力は少なくて良いです。

運気アップばかりでは結果が出にくい

ある程度運気を上げる作業をやれば、日常では運気アップを意識する必要は無いです。

大枠の部分で運気を上げているのですから、普段は意識しなくても良いというメリットもあります。

その上で現実に踏み込んでいく、現実を整えていきます。

自分にとって必要な事ならば、想いが形になっていきます。

自分に合わない事ならば、いくら運気を上げていっても、上げれば上げるほど遠のいていくことが分かるはずです。

運気を上げることは現実を知る上で有効です。

でも、それだけに集中しないで、集中するのは現実優先です。

一緒に読んで欲しい:「自分の運が下がってるな~って感じるときの開運法」