運気を上げた後に起きることが、いま、あなたに必要なこと

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

占いは、時として残酷だなって思うこともあれば、それが今必要なんだな、という理解になることがあります。

強く願っていることがあるのに、そこから遠のいている感じがすることがあります。
感覚の話というよりも、実際に遠のいていることも多いです。

こういうときに大事になる視点として、「遠のいている」と感じる前に何をしたかです。
この場合の「何」というのは、運気に関することです。

分かりやすい例としては、引っ越したり、旅行をしたり、帰省をしたり、出張をしたりと「移動した」という場合です。

人は「行動=変化」を引き起こすことが多いです

動くことはそのまま変化に繋がりやすいです。
だからこそ、「その動きが自分にとって良いのかどうか」です。

私はこの目安で一番簡単なのが吉方位旅行や吉方位への引越しとお伝えしています。
運気を上げるという意味では、一番急激だからです。

一方で、家相や風水、開運グッズなどは自分が持っている運気に作用することが多いので、変化が緩やかで穏やかです。
家相・風水はまだ良いですが、開運グッズは本当に良いのかどうか、そこがまず問題になりますが・・・(笑)

しかも運気が良くなっているかどうかというのは占い師によって鑑定基準が違います

このため、私が鑑定する場合は、私の基準で運気が良くなっているかどうかを見極めます。
それが出来ない場合は、まずは私の基準で運気アップをして頂くことになります。

運気が良くなっているということが分かれば、今目の前に起きていることもその人にとって「今」の必然になります。
ここの理解が難しいので私の出番になります。

起きている事が望んでいることならば良いですが、それとは真逆になっている場合、どういう風に理解したら良いか分からなくなります。
大事な事は、望んでいる事と目の前の事の優先順位を、整理出来るかどうかです。

占いって「どうなりますか?」っていう人が多いですが、実際は「どうしたら良いか」にたどり着くことが多いです。

運気を上げるというのは便利です

自分が望んでいる事に関してどんどん遠ざかっていく、あるいはどんどん近づいてくるというのが分かりやすくなるからです。
これも、行動をしているからこそなんですよね。

変化を望むときは、まずは運気を上げること。
その後は、今望んでいる事にまっすぐ進むことです。

そうすれば、今必要なことがよく見えてきます。