運気が悪い、運勢が悪いからと諦める必要は無い

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

運気が悪いから、運勢が悪いから今年はやらないんですっていう人がたまにいるけど、それで良いの?

同じ年に生まれた人の場合、似た感じの運勢になりやすい傾向があります。

似た感じといっても全くの別人ですから、生き方などは全然違います。

ただ、全体的な動きは似てるよねってお話。

よくあるのが修学旅行で、同じ学年の生徒が全員同じ方位に行くのに、その後の人生は随分違うわけです。

さらに、受験だって同じ高校からは大体同じような大学や進路を選ぶ傾向にあると思います。

でも、受かる人もいれば落ちる人もいる。

同じような運気や運勢なのにね。

ポイントは、運気や運勢というのは大事だけど、それだけで判断出来るものではない、ということです

私のところにたまにお子さんの大学受験や中学受験の方位について相談されることがあります。

当たり前ですが、行きたい学校があるなら、どんな方位であれ「受験する」という選択肢は動きません。

「やる」のが当たり前なら 鑑定なんて要らないんじゃ無いの?ってなるかもしれませんが、そうでもないです。

悪いならどういう風に悪いのかっていうことを知ることは大事です。

避けられるとかそういうことではありません。

勉強はしないとだめだし、運を天に任せるなんて、勉強してからの話です。

つまり、「実力」が大事な世界というのは、運や運勢よりもまずは「実力」が優先されるということです。

どうも、運や運勢を優先させようとする人がいますが、その意識ではうまくいかないです。

「やるだけのことをどこまでやれるか」が運命を分けると言えるほどです

これは占い師の立ち位置にもよるのかもしれません。

私は、人は実力以上のものは出ないなって思っているところがあります。

だからこそ、自分を優先しつつ、その過程で如何にして運や運勢を活かして楽をするか(笑)を鑑定しています。

どうせがんばることが同じなら、流れに沿ったほうが成果も大きいためです。

やる必要があることについては、運や運勢よりも自分自身の努力を優先すると良いです。

間違っても来年の方が運勢が良いから、今年は試験を受けないで来年にしようなんて思わないことです。

実力が必要な世界はとにかくチャレンジすることが、自分の運の良さに繋がります

選択の余地があるようなこと、家を買うとか、転職をするとかなどは、実力ではなく運や運勢を優先した方が良いです。

要はタイミングをはかるということですが、こういうときに無理をすれば思い違いなどをして後で苦労することがあります。

実力が必要な事、タイミングが必要な事、運や運勢を意識するにしても状況によって優先度が違います。

今、目の前の事に必要なのが「努力」なのか「タイミング」なのか、それを判断して選択していくと結果が付いてきやすくなります。