運命を変えるにはどうしたら良い?

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

「運命を変える」とは「未来を変える」という意味合いです。

未来を変えるために必要なことは、今という時間に変化を与えていくことです。

今を変えていくことの重要性は、過去の積み重ねを振り返ると分かりやすいです。

占い師に相談する人は意識的・無意識的に自分の運命に影響を与えようとしています。

ただ、運命を変化させるのは、川の流れに変化を与えるようなものなので容易ではありません。

いきなり大きく変える事は出来ないので、その都度タイミングをつかみながら修正をしていきます。

タイミングのつかみ方は日常の中にもいくつかあります。

・年末年始
・年度替わり
・満月・新月(占い)
・誕生日(占い)
・節替わり(大きな所では節分・立春)(占い)

社会的に影響の大きい節目から占い的に影響の大きい節目まで様々です。

季節の節目やイベントがタイミングになりやすい

社会的に影響の大きいものは、占い上ではそれほどで無くとも重視します。

社会的に影響の大きい節目と占い的に影響の大きい節目が重なるときは、特に注意します。

占いで影響の大きい節目は、現実面で強く反映されることもあれば、そうでないこともあります。

でも、現実面で見えていなくても見えない部分で影響を受けている部分もあるので、意識に残しておきます。

こういった基本的なタイミングの中で、10月から12月の3ヶ月は次の一年を形作るための準備期間に入ります。

東洋占術を基準にすると立冬から節分までの3ヶ月が次の1年に向けての準備期間ですが、社会生活的には10月から12月が分かりやすく、また、影響も大きいです。

運命を変えようとすると今以上に忙しくなる

影響の大きさは実感と比例しやすいので、理屈を考慮しつつも現実生活を重視します。

これから先の3ヶ月は年末に向けて徐々に忙しくなっていきます。

年始に向けて身の回りの整理や次の一年への準備も始まります。

これが目の前の生活の流れであり、ある意味で日常の延長です。

でも、現状を何とかしたい、未来を何とかしたいという人にとっては、これからの3ヶ月は未来に向けての準備期間になります。

日常の必要なことはもちろんですが、それ以外に無理をしてでも来年、数年後、10年後に向けて準備を始めます。

「無理をしてでも」というのは、運命を変えたい人は今、余裕が無い人が多いためです。

大変な状況でも運命を変えるために時間を確保する

余裕が無いから何とかしたい、でも、そこまでの余裕も無いという感じです。

余裕が出来るのを待っている間は変えようがありません。

だからこそ、タイミングを使います。

健康診断と似ています。

健康診断は忙しくても、調子が悪くなくても会社から行けと言われているから行くと思います。

必要のために時間を作り、動き出す良い例です。

運命を変えるために動き出すのも同じです。

日常にプラスアルファで何かをする必要があります。

必然的に今よりも忙しくなります。

忙しくなる時期に予定を入れても大丈夫な理由

丁度これから3ヶ月は社会的にも通常以外に予定が入りやすい時期です。

顕著なのは12月の忘年会・クリスマス・年末年始が分かりやすいです。

いろいろとごちゃごちゃしやすい時期に、更に自分で忙しくすればもっと大変になるという考え方もあります。

実は人は動き出したらある程度以上で忙しい方が安定します。

暇なときなら気になって仕方が無いことも、忙しくなると気にならないか切り捨てるかし始めます。

忙しいから大変なのではなく、忙しくなることで歯車がかみ合い始める感じです。

このタイミングを使って、運命に影響を与えるために今を修正していきます。

動き出すまでが大変、動き出せばタイミングの追い風もあり楽になる

具体的には考えている事を形にしていきます。

漠然としているなら具体的に考え始めるところからスタートします。

面倒な部分もあると思いますし、面倒だからこそ手が付いていないとも言えます。

その動き出すタイミングとして、これから先3ヶ月を使って行きます。

新年に入れば、更に追い風を吹かしていきます。

こうやって足下から徐々に動かし始めることで数年先は随分と違った状況になっています。

大きな変化を作り出すタイミングが始まりました。

いつから始めても良いものですが、将来をどうにかしたいと思う人は今が丁度良いタイミングです。

何をどうしたら良いか分からない場合は占い師に相談されてみると分かりやすくなることもあります。

知り合いの占い師さんに相談されるタイミングとしても丁度良いかも知れません。