運を遠ざけているのはこれ

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

運が無いと感じるときに影響しているのが「思い込み」です。

運が無いというのは実際には運でも何でも無く、単純に自分が確認しなかっただけです。
そして、これが思った以上に多いです。

占い師の内田さんが鑑定をするときは「この人は思い込みの部分が無いだろうか」というところを重視します。
「~だろう」「~だと思う」という会話が出てきたときは、必ず「まずは確認してください」って言います。

恋愛や仕事でも同じです。
「まずは相手に確認をする」ということは本当に大事です。

私は「占い」という言葉を通してあれこれとお話をしていますが、別に占いという言葉を使う必要は無いです。
占いだろうがなんだろうが大切なことは大切ですし、どうでも良いことはどうでも良いです。

きっかけとして占いをキーワードにするかどうかだけです

その一つに「確認」があります。
運をつかむ前に現実のタイミングがどうなのかを知る必要があります。

気になっている事の確認作業はそのタイミングを教えてくれる一つの目安です。
好きな人がいて、彼には彼女が居たとします。

ここまでは全く問題ないですし、彼女が居てくれた方が「自分に見る目がある」ことの証明なので安心して良いです。
最初に必要なのは「気になってます」って伝える「確認作業」です。

運命はここから動き始めます

これに気がついていない人がいます。
何もしなくても何かが起きる方がおかしいですし、怖いです。

いくらお祈りをしようが、満月に祈ろうが、占いを受けようがここは変わりません。
きっかけが無いところにチャンスなんて生まれようがないからです。

だからこそ「確認をする」という行動そのものがきっかけになってくれます。
繋がっていなかったご縁が繋がることもあります。

彼に彼女が居ることが分かったら、それはタイミングが悪かったということですが、それで終わりじゃ無いです。
半年後、あるいは1年後、いつになるかは分かりませんが、付き合っている人と別れることなどざらにあります(人によりますが)。

このときにきちんときっかけをつくっていた人にはチャンスが巡ってくることがあります。

その時に運をつかむかどうかはその時のその人の状況によります

でも、きっかけを作っていなければ(確認をしていなければ)、またしても他の人にとられてしまいます。
これが運を逃している状態です。

例として恋愛の話をしていますが、全てに共通します。
大事なことは、自分が望んでいることについては常に地に足を付け、確認を一つずつしながら状況を把握することです。

これによって今うまくいかなくても、これから先の何かに繋がる可能性が出てきます。
すぐ答えが欲しいことばかりかもしれませんが、だからこそ今の自分の状況を知るために望んでいることに対して気持ちを伝える、あるいは確認をするということはとても大切になります。

運をつかんでいる人はつかむだけの準備をしているということに気がつけるかどうかです。
占いはそのやり方とタイミングを教えてくれるツールになります。