運を良くするために発想を変える

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

吉方位旅行や開運グッズを持つことだけが運を良くすることじゃないです。

運を良くしたいなら、運を良くしようとするよりも、運が悪くなる要素を排除する方が効果的です。
運が悪くなる要素というのは、まずは思い込みを排除することです。参照:「運を遠ざけているのは意外にこれが影響している」

「~だろう」というのは運に任せているのでは無く、単純に現実を見ないようにしてるだけです。
運がよい人、運をつかむ人は何もしないで運が良いわけでも、運をつかんでいるわけでもないです。

安定して運がいい人は意識的に運が悪くならないようにしています。
とりあえず怪しいものには近づかないです。

まずい!と思ったら切り替えも早いです。
問題があるかもしれないと想定される対処が早いです。

運を良くしようとしてそのようにしているのではなく、面倒を避けるためにそうしてます

結果的に運が悪くなる要素が減っていくので、運が良くなっていきます。
自分優先では無く周りの人を優先するのも、その方がうまく回るということを理解しているからです。

うまく回れば、それだけチャンスが巡ってきます。
私は人付き合いを広げてくださいってお話をすることも多いですが、周りの人とうまくやっていればそれだけチャンスに恵まれやすくなるからです。

だからといって誰とでもという意味では無く、自分なりの基準が必要です。
いらいらしても愚痴を言っても何も変わらないどころか悪化します。

まさに運を自分で悪くしている状態です

その状態を放置して吉方位旅行に行っても何も変わらないです。
運を上げても、自分で運を下げているのですからしょうがないです。

自分を変えようとがんばっている人もいます。
でも、自分のやりたいことだけをやろうとする姿は周りにすぐ分かります。

そういう人に協力をしたいという人はいません。
運が悪くなる状態を回避したいなら、自分の事より他人のことに切り替えていく方が効果的です。

もちろん何でも他人じゃなくて、「この人になら協力したい」という人に力を尽くしていきます。

それを見た「別の人」が運を分けてくれます

運を良くしようってがんばる人はいますが、運を悪くしている部分を改善した方が話が早いです。
周りに影響を受けやすく、周りの目ばかり気になる人は、それこそが自分で自分の運を悪くしています。

いくら運を良くしたって、周りを気にするために状況は変わりません。
こういう場合に必要なことは、自分で自分を悪くしないようにしていくことです。

これが大変です。
運を悪くしているのは自分自身、その自分と向き合って嫌なことでもやらないといけないのが、運が悪くなる要素を排除する事です。

自分が望む状況に自分を連れて行くためには、これまでの自分に新しい自分を上書きしていく必要があります

この部分にさしかかったときに「これで大丈夫かな」って心がぶれやすくなるので、占いを目安にします。
不安な要素や辛い部分を意識的に解消していく作業でもあります。

曖昧なものを確かなものにして確実に一歩ずつ自分自身を積み上げていくのは、運が悪くなる要素を排除する事に繋がります。
結果的に運が悪くなる要素が減れば減るほど、毎日が順調に進むようになっていきます。

それは運を良くすることと同じなんですよね。