運を育てる良くするポイントは小さいことを活かす

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

さて、本日のお話は「運を活かすこと」についてです。
私はあまり開運の本や雑誌というのは見ないのですが(方位学や気学の本は別)、ちょっとずつ雑誌などには目を通しています。

どうしてかと言いますと、一般のお客様がどういう情報を仕入れて開運を目指していらっしゃるか知りたいからなんです。
世の中には開運財布から開運旅行まで、開運と名前がついたものはとてもたくさんあります。

そういったことに関連した雑誌も多いです。
実は、私自身はあんまりこういうのって好きじゃないです。

なんか怖い書き方してる雑誌もあるじゃないですか・・・。
怖いのは好きじゃない(笑)

こうしないと運が開けないとか・・・そういうのって強迫観念を呼び起こすっていうか、怖いんです(笑)

さわやかに「笑顔が吉を呼ぶ!」って言う方が私には合ってます。
こういう風に人それぞれ合った開運法っていうのがあるので、そういう意味ではいろいろな形があっていいんですけどね。

で、軽く話がそれた上に、よく分からなくなったところで、本題です(笑)
あなたは何のために運を上げたいですか?

出会いを求めて?
今よりももっと幸せに?

仕事を見つけたい?
金運をつけたい?

「何のため?」という質問をされると、急に考えてしぼり出すかもしれません。
この出会いとか金運とか仕事とか、これはこれで大切なことです。

ただし、これはとても抽象的な言葉でもあります。
言ってみれば「お腹が空いたから何か食べたい」というレベル。

吉方位の影響というのは具体的な行動ほど影響が出やすいです。
どういう意味か分かりますか?
私はいつもいつも、何でも良いから行動してくださいねって鑑定ではお話しています。

お客様と私の鑑定で、もしかしたらこの部分でずれが生じているかもしれません。
お客様は「何をやったら良いか分からない」と感じていらっしゃるかもしれませんよね。

でもこれは、難しく考えすぎです。
運を活かすために「何をすればよいのだろう」と考えすぎなんです。

吉方位に行くと、あなたは何かをひらめきます。
たとえば、主婦の方であれば、今日はこの料理をつくってみるかな?とか、今日は部屋を掃除しようとか、観葉植物でも買ってくるかなとか・・・、人それぞれなんでも良いですが、何か思いつくんです。

こういうのは吉方位に行かなくたって思いつきますが、吉方位に行っていることがとても大切なんです。
吉方位に行ってからの思いつきは、普段の思いつきと根本的に違います。

料理を作ってみるかな?という一つの行動を取っても、その気持ちに従って行動していくと、そしてその行動を続けていくと、あなたの中ではどんどん変化が起きていきます。
あなたが会社員ならばもしかしたら、「今日はちょっと早く行くかな」とか、「この提案を思い切ってやってみるか!」とか、「机の上を今日は片付けるか」とかです。

本当に小さなことでしょ?

何をやったらいいかなんて考えないで、まずは動いてみればよいのです。
でもね、動いて声が聞こえてきたら、「面倒だな」って思うのだけは避けてください。

いや思っても良いので、その気持ちを抑えて「行動」してください。
前にもお話していますが、吉方位の影響というのは「連鎖」です。

1番目からずっと順番に続いていくんです。
1番目をやらなければいつまでたっても2番に行けないんですよ。

だからこそ「面倒」という気持ちは抑えて、まずはやるのです。
こうすることで「運の活用」が始まっていきます。

ある程度思いついたことをこつこつとこなしていくと、だんだんあなた自身の進むべき道が見えてきます。

自分が何をしたらよいか
どういう方向に向えばよいか

そういうことが感じられるようになってきます。
そうなったら「目標」を作ってみてください。

たとえば「今年中に100万円ためる!」というのでも良いでしょう。
「今年中に100人の人に出会う」でも良いです。

もしかしたら「今年中に100個の良いことをやる」というのでも良いです。
繰り返しになりますが、これはあなたの方向性が見えてくるまでは作れない目標です。

上の例は一体どういう意味かお話しましょう。
一つだけ取り上げますと、たとえば金運を上げたい!って思っている、そして吉方位に旅行した、とします。

そうすると、傾向として、まず無駄な出費が少なくなります。
物が壊れたりすることが少なくなるって感じですね。

更に、自分自身もお金を使わなくなります。
新しいものばかり買わずに今あるものを使ったり、現状で満足するようになります。

さらに不要な習い事なども止めていくでしょう。
だんだん流れとして、「お金が大切になっていく」流れとなります。

恐らくここら辺までくると、毎月5万円ためようとか、10万円ためようとし始めます。
そうなってきたら、年間の目標を作るようにします。

ただその時に、現状から逆算するのではなく、思いついた数字にするのです。
今毎月5万だから年間60万というのではなく、今年は100万ためたいなとか、今年は500万貯めたいなっていう感じです。

大切なのは感覚です。
そうやって目標を設定すると・・・不思議と貯まります(笑)

これが吉方位の運を活かすという方法のひとつです。
最初は些細なことから始まり、そして方向性が決まってきます。

方向性が決まってきたら、その方向を確定する作業をします(目標を立てる)。
あなたが吉方位を使えば、そして、何でも良いから目の前にあることから行動に移せば、こういう風に段階的にやるようになります。

人が幸せになる段階っていうのは決まってるんです。
手段は山ほどあるけれど、小さなことから大きなことへ移るようになってます。

だからこそ、最初に小さなことをやっていく。
大切なことだと私は思います。

そしてあなたもきっともっともっと幸せになっていきます。
うん、開運雑誌と似た書き方になってますね(笑)