運の鍛え方が分かると幸せを感じやすくなる

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

運の良い人・悪い人がいます。

実際には運が良いと感じる人と運が悪いと感じる人に分かれます。

運そのものには良いも悪いもありません。

運のとらえ方の違い

運のとらえ方は似たような人が集まります。

あなたとあなたの周りに自然と集まる人の運は似たような感じになります。

運が悪いな~って感じる人は、周りの人も「それは運が悪いね」と同調しやすくなります。

運が良いな~っていう人はその逆です。

周りを見れば自分の運がわかる

運を良く感じる人はそのままで良いです。

生き方がそのまま出ていますし、実際、大きな問題やストレスも長くは続かない傾向にあります。

それに放っておいても毎日楽しく生きようとされているので、そのままの勢いで大丈夫です。

では、運を悪く感じる人はどうするかです。

運を感じるのは起きる出来事・起きない出来事に対する気持ち

気の持ちようと言ってしまうと軽く聞こえますが、目の前の状況の受け止め方は人生に直接影響しています。

たとえば交通事故でも、それを運が良かったと取るか悪かったと取るかは人によって違います。

同じ現象にも関わらず違いが出ます。

ここまでは理解出来ます。

ここからどうするかです。

運の受け止め方がいまいちならば修正をする

運の受け止め方の修正は大変です。

運の理解は目の前に起きていることの自分の考え方が強く影響します。

そこで「なんでこうなるの!」という考え方から「この程度で助かった」とか、「これはこれで良い」とかに変えていくのですから、大変です。

受け止め方のコツはその人の生き方や性質、思考の方向性なので占ってみないと分からないです。

でも、どのタイプであったとしても、受け止め方の基本は「これが運が良いならどういう意味がある?」という逆説で受け止めます。

運が悪い人は運が悪い部分を発見するのが得意

運がいい人は運の良いところを見つけるのが得意です。

やっていることはどちらも同じです。

だからこそ、考え方が変わっていくと、運が悪い人が運が良くなっていくということが起きえます。

何もしなくてもです。

吉方位旅行に行かなくても良いし、運気アップに何かしなくても良いです。

単純に受け止め方を修正していくだけです。

受け止め方を変えると人生が変わる

受け止め方が変わってくると、良いことの方が目につくようになります。

運や運気アップは「目に見えた結果は現実」という縛りがあります。

運や運気アップは目に見えないけど、現実になってはじめて目に見えます。

運が良いはずなのに何でこんな風になるの?と感じる場合は、運が悪い方が目につきやすい状態になっています。

本当は良いかも知れないのに、目の前の出来事の受け止め方で現実が全然違って見えています。

不運な人は意外に少ない

不運だと思い込んでいる人は結構います。

でも、不運のように見える「この出来事が無いと気がつけない」ことはたくさんあります。

気がつくことが出来れば修正していけますので、そういう意味では運が良いです。

先の事を見越して今の現状をみると意外に悪くない。

でも、今の現状だけ見て感じてしまうと、運が悪いと結びつけてしまう思考の移り変わりがネックになっています。

考え方や受け止め方などを修正するための目安

考え方を修正することなどは、占いに関係が無いように見えます。

占いとは人生を豊かにするために使うものですが、豊かにするためには土壌が必要です。

土壌がしっかりしていれば、占いは良い形で力を与えてくれます。

そのために目の前の出来事を良い方に受け止める訓練を少しずつしていきます。

すぐに「やっぱり運が悪いよな」と思うこともあると思います。

それをその都度打ち消していく。

運が悪いと思って良いので、打ち消していく。

この運トレが運を良くしていくことに繋がっていきます

運が良いなと少しずつ感じられるようになると、現実も本当に変わっていきます。

見えない世界と見えている世界は繋がっていますので♪

一緒に読んでみてください:「願いが叶うプロセスと叶うまでの時間を知ってますか?」