運が良くなるには?運の良い人の特徴とは

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

不運・不幸は追いかけてきて、幸運はつかむ感じの事が多いです。
不運や不幸は招かれもしないのに向こうからやってきてしまいます。
幸運は向こうからはやってきてくれないというか、幸運は静かに通り過ぎるので、自分でつかむ必要があります。

不運にしろ、幸運にしろあなた次第で如何にして対応していくかが重要になります。
引っ越しや旅行の方位の相談では、とにかく大凶方位を気にされる方が多いです。

気にする理由は「不運は怖い」というのがあるからですが、状況によっては動いた方が良いです。
いえ、意外に動きながら対処をしていく方が上手くいくこともあります。
大凶方位を無意識に選んでいる場合、「自分の運気が下がっている」か「運気が下がり始めている」ということが一つのシグナルなので、鑑定でそこを明らかにしていきます。

占いで過去・現在を把握出来ると未来も対処しやすい

吉方位や凶方位とは現在の運気の動きを教えてくれています。
それは過去の現実も教えてくれますし、未来の現実も教えてくれます。
これが見えない世界を現実に結びつけるメリットです。

見えない世界の対処は見えない世界で対処をしていきます。
吉方位や凶方位の影響を実感出来る人の場合、見えない部分は吉方位旅行で対処していけます。

ただし、方位の影響を実感出来ない人は、見えない世界と現実を結びつけることが「方位」では出来ないです。
でも、心配はいりません。
方位を目安に出来ないということは凶方位の影響についても心配不要だからです。

方位の影響を実感出来る人は、不運を避けやすくさせてくれます。
不運は突然やってくる場合もありますが、予想出来る場合もあります。
突然やってくる不運は避けられませんが、予期しておけば対処もしやすいです。
予想出来る不運については、予防することで不運を避けるようにします。

幸運のつかみ方も過去と未来を繋ぐ事で可能になる

不運を避けやすく出来るということは、幸運をつかみやすく出来るということです。
見えない部分はやはり占いでコントロールします。
吉方位旅行などを取り入れるのは幸運をつかみやすくするための対処法です。

運気を上げると言っても、実際にはなかなか目に見えません。
目に見えるのは「現実がどうだったか」です。
ここでも占いと現実を結びつけていきます。

方位の影響を目安に出来る人は、吉方位の影響についても実感を持ちやすいです。
吉方位の影響に合わせて行動をしていき、タイミングをつかんでいくようにすれば、幸運をつかみやすくなります。

不運を避け、幸運をつかみやすくするためには、いずれにせよ行動が必要になります。
ただ、闇雲に行動をするのではなく、過去と現在の状況を把握し、それを未来に繋げていくために占いを活用していきます。

これがチャンスをつかむための、占いの活用の仕方になります。