衰運期・運勢が下がる時の過ごし方

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

衰運期・運勢が下がる時期にはどうしたら良い?

衰運期という言葉は好きじゃないのですが、一般的な衰運気と呼ばれる時期は厄年、大殺界、天中殺、空亡、陥入、その他多数あります。

それぞれに算出根拠は違いますし、表現も違い、時期も違うことが多いです。

ただ、衰運期・運勢が下がる時期に共通していることは「何か大きなことをやろうとしない、新しいことをやろうとしない方が良い時期」というものです。

でも、私はそこまで気にしなくて良いというのが基本的なスタンスです。

衰運期が気になるならば、運気を上げ、自分の生き方の基準に行動を照らし合わせてせっせと動いた方がよっぽど良いです。

しかし、そういうことが分からない場合はどうするか。

衰運期で大事なのは今が幸せかどうか

運勢が下がるとか厄年とか、大殺界とか、そういう事を抜きにして「今現在どうなの?」が重要になります。

占いという判断基準がない場合、人はその人の運命・運勢通りに生きていることが多いです。

占いはカーナビみたいなもので、今まで無意識に行動していたことを「意識的にし、目的地を決め、そこに向かっていく」ために役立ってくれます。

ある意味で運命は1つではなく、自分にとって必要な運命を選択していく感じです。

でも、占いを知らない人は気にしようがないですし、選択のしようもありませんが。

運勢が下がる時期と分かったときどうすれば良い?

運勢を気にするとしても、そこまで深刻に考えるケースは少ないです。

気になる時は何かをやろうとした時です。

そういう場合大切になるのが「今現在どうなのか」です。

今が順調で夢もある、やりたいこともある、日々努力もしている、毎日が楽しいというなら、仮に流れが悪くなる時期に当てはまっていても気にしなくて良いです。

その意味は、生き方と時の流れが一致していて、運勢が下がる時期にあっても必要な事が出来ていることを意味するからです。

こういう状態で必要な事は変な知識を取り込んでおかしな選択をしないことです。

ただ、現実がいまいちの人や不安が強い人はどうしたら良いかです。

風邪を引いた時に似ています。

風邪を引いたとき、ただ寝ているという選択肢もありますが、他の選択肢もあります。

風邪に合わせて対処する事で現実が楽になる

風邪を引いたら、風邪の状況に合わせて出来ることをして、はやく体を治そうとします。

普通はそうなのに自分の人生の運勢が悪い時期だと分かったら、急に「行動しない」という選択肢を取ってしまうのです。

運勢が悪いというだけで何もしないという選択は危ういです。

ここでも大切になるのは、現状を把握することです。

運勢の低下と合わせて、確かに現状が厳しいなら、何が原因かを突き止めます。

占いでこの状態を鑑定すると、その人の生き方が本来ある姿から離れていけばいくほど、運勢が悪くなるときは息苦しくなっていることが多いです。

現実が辛い時は努力の方向性を間違っている可能性がある

今、何をどうしていったら良いか分からなくなってしまい、現状が悪くなっているケースがあります。

こういう状態は運勢が下がると一気に苦しさが表面化してきます。

ポイントは現状を「なんとなく」で理解するのではなく、実感と共に確認することです。

それになんとなくでは対処のしようもありません。

運勢が落ちてきている時は現状を把握するために占いを使うことで出口が見えてきます。

それと、もし占いを受けるならば、大殺界だから、厄年だからという鑑定をする占い師ではなく、現実を基準に鑑定をしてくれる占い師さんに相談されると良いです。

誰にでも決まった年になれば訪れる運勢が下がる時期を基準に運気が下がると言われても、対策のしようがないからです。