良い凶方位と悪い凶方位、凶方位を選ぶということの意味

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位の影響を避けたいっていう人が多いけど、根本的なところを知っておくと良いです。

凶方位の影響が怖いって思う人が多いです。
私も凶方位は嫌だなって思います。
多くの人が思うのが「凶方位の影響を受けることで悪くなる」ということですが、実際は「凶方位の選択をすることで悪くなる」ということです。
分かりにくいかも知れませんが、人生は選択の連続です。
その選択には自分に合っているものと合っていないものがあります。
苦手な食べ物があったとします。

凶方位を選ぶというのは、苦手な食べ物を食べようとすることと同じです

もっといえば、アレルギーが出るものを食べようとするのと同じです。
結果としてアレルギー反応が出て大変になります。
凶方位の影響を受けるから悪いと言うよりも(アレルギー反応が出るから辛いのではなく)、凶方位の選択をしているから悪い(アレルギー反応が出るものを食べるから辛い)ということです。
通常の方位の考え方とは違うのは分かっていますが、あるのか無いのか分からないような方位の影響を具体的に話をすればこんな風になるよってこと。
大切なのは「悪くなるには原因があるのかもよ」ということです。
凶方位には基準がいくつかあります。

五黄殺とか暗剣殺とか、これは凶方位の種類を言い表しているだけですが、凶方位には良い凶方位と悪い凶方位があります

この見極めをするのが占い師です。
悪い凶方位というのは、自分の生き方に合っていない選択をするときです。
この時の凶方位はその人にとっては想定外の事が起きて、泥沼になっていくことが多いです。
頑張っても結果が付いてこず辛いです。
一方で良い凶方位は、自分の生き方に沿った選択をする時です。
良い凶方位ですが、凶方位には変わりが無いです。

このため、その選択は苦労する選択です

凶方位を選択するということは、そこにタイミングのズレがあります。
たとえ自分の生き方に合っている選択だったとしても、まだ早い、あるいは遅いなど「今じゃ無い」ということが多いです。
「今じゃ無い」のですから、それを選択するなら苦労するのは必然です。
ただし、悪い凶方位とは違うので、辛いところはあるけれども乗り越えていけますし、結果も付いてきます。
こういう場合、その人の資質と運勢にもよるのですが、やる価値はあるよねっていう鑑定になります。
要は価値があるのか無いのかです。

大して気持ちも無いことなら、速攻止めた方が良いという選択になります

しかし、吉方位というタイミングで物事を選択することよりも、凶方位というタイミングで物事を選択することの方が圧倒的に多いです。
だからこそ、「自分に合っている選択」ならばチャレンジする価値があります。
もちろん、選択の自由がないケースも多いです。
そういうときは「この凶方位をなぜ自分は選択しているのか」を知っておくと良いです。
良い凶方位ならまだ大丈夫ですが、悪い凶方位の場合は「行く必要になった原因」とのトラブルが暗示されます。
このため行った後は十分にそこに注意を払いつつ、トラブルが起きても回避出来るように備えます。

方位からくる運気というのはその時の状況を教えてくれているので、現状を変えていくと流れも変わります

吉方位旅行などは意味が無いの?って思われるかも知れません。
運気を良くしていくという意味合いでは意味があります。
ただし、最初の「凶方位を選択した意味と状況」が分かっていないと、運気をよくしてもなかなか流れが変わらないです。
無意識に何となくで状況が変わってくれれば良いのですが、無意識に何となくで選んだ結果が凶方位だった場合、意識的になる方が効果的です。
凶方位を避けよう避けようとされる人が多いですが、「なぜ、自分はこれを選んだのか、選ばされたのか」を知ることです。
そうすれば、凶方位の影響を受けても備えることが出来ますし、吉方位旅行などで運気を変える中で効果的に吉の流れを引き寄せる事も出来ます。
うまく凶方位を受けとめれば大丈夫なことも多いです。
人は分かっていれば結構うまく生きるんです。
それこそが方位をうまく活用する事に繋がります。