無理して凶方位に引っ越しをしても良い?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位の流れをよくみると、いろんな事が見えてきます。

凶方位と自分のやりたいことを照らし合わせると、結構、そのときのあなた自身の現状が見えてきます。
これに加えて、運勢や生き方、タイミングを鑑定の中に加えていくと、鮮明にあなた自身が占い的に今どういう状況にあるかが見えてきます。
引っ越したい先が凶方位の場合、現状に問題があることが多いです。
現状の問題というのは、その選択(引越し)をすることによって、気になっていること、あるいは想定外のところからトラブルが舞い込んで来やすいということです。
それをどのように判断するかです。
何を選択しても穴に落ちるけど、何を選んでも穴に落ちるならどの選択をしたい?という選択肢を突きつけられている状態です。

現状維持も選択肢の一つですが、その選択をしても穴に落ちます

世の中ではこれを八方塞がりという人もいますが、そうではありません。
なぜなら、相談者は動こうとしているからです。
どういう風に動いたら良いか分からない、何を選択するのが良いか分からない、だから相談されています。
ここで「穴の深さは?」という疑問が出てくる人もいると思います。
もちろん、穴の深さも考慮します。
穴の深さは方位の状況と現状で見極めていきます。

大抵は運勢的にも今は動かない方が良いという風に出てきます

ますます話が面倒になります。
この厄介な状況が出てくるのは、その人が何かで無理をしてきていたり、あるいはずっと我慢をしてきているということが浮き彫りになってきます。
ある意味で行くところまで行ってしまっている状態です。
この時にどうするか。
この時に占い師の考え方や生き方が鑑定結果に影響してきます。

私の場合は「その人が自分の人生を楽しめることが大事」という基準です

このため私の場合は「現状維持」という選択肢はなく、何を選択すれば、いち早く現状を変えていけるだろうかと考え、占いを進めていきます。
一方で、現状維持というか大きな変化を好まない占い師の場合は、穏便な方の選択を占うようになります。
これは占い師を選んだ段階で選んでます。
つまり、私に相談を依頼された段階で、あなたの人生をあなた自身が攻めの姿勢で変えていくことを選択したことと同じです。
それは大変ではあるけれど、やることが明確になるので、どうにかしたいと思う人にはぴったりです。
何をどうすれば良いかというときに、守りに入りたいか攻めに行きたいかを自分に質問してみてください。
どの選択をしても落とし穴がある状況ならば、自分にとって望む鑑定結果を伝えてくれる占い師を選ぶのが一番です。

守りの占い師はどうやって見つけると良いかというと、占い重視の占い師です

占い重視の占い師は現実よりも目の前の結果を優先しやすいです。
凶方位は何があっても絶対ダメっていう感じです。
あるいは今は運勢が悪いからダメっていうのでも良いです。
まあ、わざわざこんな基準をお伝えしなくても、私のブログを見ていてしっくりくるなら、あなたは攻めを求めている人です(笑)。
人は今自分が求めているモノに安心感を得やすいですから。