望んでいる事が一番ダメなこともある

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

その人が何を望んでいるか、どんな鑑定を望んでいるか、占い師は気がついていることが多いです。

占い師は相談者が望んでいる鑑定結果が分かります。
こんなことを望んでいるんだろうな~っていう気持ちです。

別に占い師に限らず、こういうのは普通に分かるものだと思います。

ただし、望んでいる事を望んでいるようにお伝えするケースというのは少ないです。
当たり前なのかもしれませんが、それが悩みで相談されていることが多いです。

うまくいっていないから現状があるのですから、望んでいる=間違っている、という感じになりやすいです。
このときに遠回しに伝える占い師もいれば、直球でばっさり伝えてしまう占い師もいます。

私は鑑定結果に希望を持ちやすい人にはばっさり伝えます。
「今実感しないとやばい」というのがあるからです。

大抵の場合、当事者よりも私の方が危機感をもっています

「あ~、これやばい状態だ」って分かります。
ここに関わり続けると何も変わらないだけで無く、問題がさらに深刻化する、そんな状態です。

そんなこと望んでませんよね?
いま、お金を掛けて相談されているからこそ、今必要な事をつたえるのも私の仕事です。

伝え方は相談者によってあれこれと変えますが、相談者が望んでいる未来に繋がる今の選択、を伝える感じです。
相談者が望んでいることではなく、相談者が望んでいる未来です。

これが占い師に相談するメリットです

占い師に相談するということは「どうしたら良いか」が分かる事であって、自分の望む結果を求めることでは無いです。
こうやって文字にすると理屈は分かると想うのですが、精神的に参っているときは望んだ答えが欲しいという状況も分かります。

実は私、本当は違うけれど、一時的にいまその人が望んでいる答えを伝える必要があるときには、伝えている事があります。
しかし、それでもその人にとって「その先にあるその人が望む幸せ」に繋がっている場合です。

これが自分で分かるなら私になんて相談されません(笑)。
自分で良いと思うことが必ずしも良いわけでは無い、そういうことを知っておくだけでも苦しいけれど良い選択が出来る事も多いです。