方位鑑定が必要なとき、不要なとき

九星気学占いと方位

方位鑑定をしてもらいたい!と思っていても、実はそれ以上に重要なことがあります。

方位が気になる人は何かをやるときに「方位は大丈夫だろうか」って思います。
私は何かをやるときに「方位は大丈夫だろうか」って最初に思うことはありません。
ここに違いがあります。
私は何かをやろうとするとき、あるいは何かが起きたときは方位を気にする前に、「やろうとすること」「起きたこと」に対する自分自身の感覚を大事にします。
良いのか悪いのか、嫌なのかやりたいのか、好き嫌いかもしれないですし、好みの話かもしれません。
いずれにせよ、何を感じるかです。

その上で、もし迷ったら運勢はどうなのか、タイミングはどうなのか、方位はどうなのかって感じで調べていきます

占いが気になっている人とは逆だと思いますがどうでしょう。
占い師ですが占いが最初には来ていません。
この理由は簡単で、占いの善し悪しよりも「自分自身がどうなのか」が大事だからです。
今回は方位鑑定のお話ですので、方位に関することをお話しますと、吉方位に引っ越したいっていう人は占い優先の人です。
私がそういうご相談を受けたら、吉方位の前に「どこに引っ越したいですか?」を聞き直します
そうじゃないとおかしいですよね。

住みたいところ、あるいはここから離れたいからこそどこかに引っ越しをするわけです

それなのに、いつの間にか運気の良いことが人生にとって良いことだっていう感覚になっていることがあります。
運気が良い、タイミングが良いということは確かに気になります。(私も気になります♪)
でも、それを第一にしてしまうと、「自分がどうしたい」というのが分からなくなります。
行き着く先は占い師の良いカモになるということです。
自分で判断するのが怖くなって、いつも占い師に相談している状況になります。
それでは何のために方位鑑定を受けて引っ越しや旅行をしようとしているのか分からなくなります。

方位鑑定や占いを受ける理由は、幸せに生きていくために不安を減らす、あるいは人生に勢いをつけていくための追い風を吹かせるためです

極論、占いで全てが悪くとも、本人がそれで元気になってがんばることが出来るなら、占いなんてどうでも良いのです。
占いは人生の目安の一つであって、人生そのものではありません。
これが分かった上で、占いを受けるとうまくお付き合いが出来るようになっていきます。
人はそんなに強くないです。
怖くなったり不安になったときに、「大丈夫だろうか」って思うことだってあります。
そういう時に「こういう状況ですよ」とか、「こういう風になっていきやすいので、こうしたら良いですよ」っていう目安を手に入れることが出来たら、それって素敵ですよね。
だから、私は占いをやっているわけです。

頭を抱えて悩むぐらいなら、今がどういう状況でどうしたら良いかが分かった方が良いからです

ただし、それでも「吉方位はどこ?」と探すような状態は不安定な状態です。
そうじゃなくて、「引っ越したい!」「私はどうしたら良い?」という方が健全で、そして、確実に幸せになっていけます。
占い師としてそれが良いかどうか分かりませんが、私は「こうしたら良いよ」って明確に伝えることがあります。
もちろん、占いを根拠に伝えているのであって、最終的に判断するのはあなた自身です。
しかし、それでも「こうしたら良い」ということが明らかになるとどれだけ人は楽になることか。
考えないということではありません。

考えるけれど、その方向性が明確になることで、「いま」という時間が随分と楽になるんです

吉方位を探すことが必要な人もいます。
でも、それは本当、人それぞれ違うので、人によっては方位鑑定よりも「今どうしたら良いか」ということが必要な人がいます。
一方で、今はこの状況で良いから、良い流れを引き込んでいきましょうという人は方位鑑定が重視されます。
今の流れの後押し、流れを変えるには方位鑑定は有効で、今どうしたら良いかが必要な人には方位鑑定よりも「今と未来」を鑑定することが重要になります。
そういうことは相談前には分からないものなので、私は事前に気になっている事を送って貰って、その人に合った鑑定を提示するようにしています。