方位を選ぶのか家相を選ぶ方が良いのか

九星気学

占いを受けるとき「何を重視したら良いか」ということで迷うことがあります。

相談者はもちろんですが、私も迷うことがあります。

占いだけの基準で鑑定をするなら迷いは少なく、良い悪いが明確になります。

でも、現実に合わせた占いをしていくと、微妙な落としどころで迷います。

占いには得意・不得意な相談がある

引越しや旅行などの移動なら方位鑑定を得意とする占いが良く、立地などについては家相・風水を得意とする占いの方が良いです。

問題は何を優先し、何を切り捨てるか。

(現実面で)良い条件であればあるほど、結構迷います。

引越しの良い条件とは、立地であったり、金額であったり、部屋割りであったりです。

占いは常に現実を軸にして、今ある現実を理解するために占いを使う、これが私の鑑定基準になっています。

占いで正しいことが現実でも正しいとは限らないです。

ここでどうしたら良いかを私も迷います。

占い師がその人になりきる基準

占い的にはこうなるけど、私がその人ならこうする、そういう基準です。

家を買うタイミングとかも占いでは出てきます。

今欲しいと思っても、今じゃない時もあります。

占いの結果はその人だけのものなのですが、その結果はその人だけの「地図」みたいなものです。

目的地があるとすれば、その目的地に到達するルートはいくつもあります。

これをどういう風に理解するかです。

こういうときに「私がその人に成り代わったらどうするか」というのが結構役立ちます。

占い師が当人になることでヒントが見えてくる

事前にいろいろと調べますし、自分の状況に合わせてコントロールするからです。

でも、そうじゃ無い場合、私では無く私が相談者だったらどういう選択が出てくるかです。

この場合、いろいろなケースが考えられますが、私の場合は「その人が望む選択」を優先する傾向があります。

引っ越したいなら引っ越しをする、家を買いたいなら買う、家を建てたいなら建てるという感じです。

相談されるということはすでに心づもりはあるわけで、やるかやらないかという節目に立たされています。

何かの拍子に占いの事を知り、「あれ、もしかしてダメなの?」と不安になり相談されるという経緯があります。

「占いの結果がこうでてるから諦めた方が良い」というのは簡単だし、「占いなんて信じる必要は無い」という言葉を信じようとするのも簡単です。

でも、なかなかそうはならないです。

極論の間にある落としどころを見つける占い

お客様にはよくお話するのですが、方位の影響があるならそれは後で何とかなるし、家相・風水についても何とかなるよって言います。

占い師として言って良いのかどうか分かりませんが、「全部事後対応でも何とかなるから好きにすれば?」という想いも少しだけあります。

いろいろなことを言う占い師もいると思いますが、究極、「後で何とかしていく」「後で対処していく」という選択肢はあります。

もちろん、何とかするだけの決断と行動と出費がついてきますし、それで100%対処出来るとは断言出来ません。

しかしそれでも、方位の影響があることが分かれば、方位で対処していけば良いです。

家相・風水については立地はどうにもなりませんが、家の利用の仕方を変えていけば、また違ってきます。

そこにしか行くことが出来ない、そこにしか住む事が出来ないのであれば、そこがスタートになります。

よっぽどきつい状況ならば「そこから抜け出る」ことも必要になりますが、それは1~2年後の話です。

今できることが幸運を呼んでくれる

どうにも出来ないなら逆に取れる手段は少ないので対処もしやすいです。

一方で「やりたい、したい」という状況で、お守り的に相談をされる場合が難しいです。

ここで役立つのが、全体を鑑定していくことです。

方位を選ぶのか、家相を選ぶのかというような事では無く、もっと根幹の「その人自身の人生において、この選択の価値は?」という見極め方です。

普通は占い師に相談してまで何かを判断しようとするケースは少ないです。

少なくとも私のところに相談される方は、普段は占いに関わりの無い人が多いです。

いろいろと気になってしまい、思い切って占い師に相談する、こういう状況はちょっと異常です。

それらを考慮したとき、一番鑑定の軸になってくれるのは「その人の想いと考え方」です。

30分~1時間程度の短い鑑定期間ではこれを見極める事は出来ないのですが、きちんと鑑定をする場合はこの部分をはっきりさせます。

あなたが望む事にチャンスが眠っている

占いは未来を予測するために過去を見るのですが、どのような未来であれその人が一番望む形が最初の目的地になります。

何かを選択する時に、その目的地から遠のくようなら、どんなに占いが正しくても私は間違っていると判断します。

人には通るべき道があるからです。

今はこの道を選択しておいた方が先々で後悔しなくて済む、そういう選択があります。

もちろん、人によっては「最善がベスト」という考え方もあります。

これは占い師によるのだと思います。

やめておいた方が良い引越しもある

でも、その人にはその選択以外取れないことがあります。

その場合、最初にリスクを伝え、その上で決断を指定していく感じです。

そこまでで無い場合は、一度保留にして頂きます。

大きな動きをするときはそれなりに考え、準備もしてきています。

それを保留にすること自体が大変なのですが、それでもやはり一度立ち止まることを推奨します。

そして、問題は無いのか、進んでも良いか、と占いを受けた後に再考します。

占いも含めた全体で見たとき重視をした方が良いのは
1.それをすることによって快適になるかどうか
2.快適になるとして、リスクは少ないかどうか
の二つをまずはきちんと整理します。

その上で、占いの落としどこを探ります。

引越し時期の調整、立地は何かで対処をする

タイトルに対する答えをまだお伝えしていません。

方位を選ぶか、家相を選ぶかならば、後々対処が難しい家相・風水を優先した方が良いです。

でも、多くの場合、家相・風水まで手が及ばないので、方位で落としどころを見つけていく感じになります。

何せ家相・風水を考慮し始めると膨大な労力を問われます。

まず立地から線引きが始まるのですから尚更です。

マンションの場合はマンションの立地の他に、物件がマンションのどこに位置するかまで問われます。

立地が動かせない時は運気の良い物件にする

でも、これも難しいので、本当の落としどころは選択した物件で運気の良い場所を活用する感じになります。

これらの流れから分かることは、全体のバランス次第で優先事項が変わるということです。

厄介な答えになるわけですが、「これだけやっとけば良い」というのが実はありません。

これを重視するならあれも重視した方が良いという感じで、理想論がどんどん出てきてしまうからです。

しかも、理想通りにしたからと言って問題が起きず、快適な人生と必ずなるわけでもないです。

現実を優先しながら微調整をするメリット

そして、現実が面倒な感じ(トラブルが起き始める)になった場合は、今度は占いを優先して微調整していく感じです。

現実が面倒な感じにならなければ、現実を優先した方がメリットが大きいからです。

方位で選ぶのか、家相で選ぶのかでは無く、まずは現実ありき。

話はそこからスタートして、落としどころを見つけていくのが私の仕事です。

方位しか気にならない、家相しか気にならない場合は、そういう考え方もあります。

ただ、占いの目的は「良い状態を作り出す」というところにあることを考えると、全体の落としどころを意識しながら必要なモノを選び出していく方が理にかなっています。

一緒に読んでみてください:
「家相・風水・方位を意識してたら引越しなんて出来ないし、どこにも住めない!」

【関連するまとめリンク】
「家相風水の良い悪い、引越しの吉凶方位や時期、何をどこまで占って貰えば良い?家相・風水のまとめ」