方位の影響なんて無い?

九星気学占いと方位

今日のお話ですが、占いを信じるかどうかっていうことにちょっと関わってきます。

私は基本的に運は育てることができる物だと思っています。
だからこそ開運方位学という形で鑑定を受けられたお客様には、状況を変える手段の一つとしてご提案することが多いです。
なぜご提案するのか?
その理由は簡単です。
自分自身でもお客様でも結果的に良くなっていっているからです。
少なくとも自分自身の経験上、というのが最も基本的なところにあります。

一方で気学や方位学というのは本当に当たるの?と気にかけていらっしゃる人も多いです

また、当たるならやってみたい・・・、と思っていらっしゃる人も多いです。
うん、こういう人は別にやらなくて良いです(笑)
私が吉方位をオススメするのは何故か分かりますか?
それが一つの「手段」だからです。
今こういうことに悩んでいるんです・・・、というご相談を受けた時にいろいろなお話を致しますが、やはり何かをしたら良い、というご提案も大切だと思っています。
性格を変えたら良いとか、考え方が間違っているとか、そういうのは重要ではないです。

そもそも生き方を変えたほうが良い、なんておこがましいです

鑑定のスタンスとしてそういうことではなく、現状と本来の姿をお話すると共に、更に加えてご本人が望んだ流れになりやすいように吉方位をオススメするわけです。
吉方位の便利なところというのは、「その人にとって良い形にしてくれる」ところです。
信じる信じないは私にとってはどうでも良いお話で、とにかくどうでも良いから旅行してみてはどうですか?というお話をするだけです。
神社に行ってお水取ってこいとか砂取ってこいなんて言いません。
大抵信じる事が出来ない、という人は頭でっかちな人が多いです。
うーん、まあ、信じる信じないは私自身はどうでもよいと思っているので、頭でっかちでもなんでも良いのですが、現状を良くして行きたいなら、一つの手段というのは間違いありません。

なんでもそうですよね

体調が悪かったらとりあえず薬を飲むじゃないですか。
薬をのむということは少しでも良い状況にしたいと言う目的を達成するための手段です。
薬が効く効かないは人それぞれです。
よく効く人もいれば、そうでないこともある。
それだけのことです。
でも、飲んでみないことにはわからないでしょ?

飲んでみて効果があるとわかれば、すごいことじゃないですか

強い味方を手に入れるのと同じ事です。
鑑定を依頼される方というのは普通の方以上に欲求が高いです。
「なんとかしたい・・・」
あるいは「うまくいかせたい」という気持ちが強いです。
それならばそういう手段をお伝えするのが私の仕事です。
そこに信じられるとかどうとかって大切ですか?

手段があるのですから、やってみれば良いのです

前からお話していますが、運がよい人というのは不思議ととても素直な方が多いです。
これこそまさに「そうか、じゃ、とりあえずやってみるかな・・・」という感じです。
面白いですよね。
理屈じゃないわけです。
効果があるならやってみるとかそういうのではなくて、「そういう方法があるならやってみるか!」という感じです。
そして、不思議とちゃんと結果を手に入れていらっしゃいます。

吉方位旅行や引っ越しの鑑定で面白いのは、大体1年ぐらい過ぎた頃にご報告の連絡が入ることが多いです

旅行をしてしばらくしてから不思議と良い形になって来ました・・・とか。
こういうことはもちろん運気の影響力もありますが、それよりもやはりご自身が望んだ形にしようと努力されたからこそです。
運というのは行動する人を好み、そして力を貸してくれます。
だからこそ結果が出るのは当たり前のことです。
今この瞬間に結果が出なくとも、ちゃんと目的達成のために見えない所で形作られているところです。
効果云々と言う前に、まずはやってみること、そして行動していくことが一番です。