引っ越しで家相と方位のどちらを優先すると良い?

九星気学占いと方位

占いは深みにはまる前に落としどころを見つけるのが先です。

引っ越しで吉方位や凶方位という話と、家相の善し悪しの話、どちらを先に知るかは人によって違いますが、いずれにせよ両方の存在を知ってしまうケースが多いです。

引越しの方位も重要だし、家相も重要という感じです。

さらに鑑定を受けた占い師によっては、運勢も大事だって言う話になってきますし、地相も重要だと言う感じでどんどん広がっていきます。

良い条件で良い物件を見つけ、良い場所に良いタイミングで引っ越しをするなんて、まず無理です。

マンションを自分で建てるぐらいの人ならば別ですが、建て売りを買ったり、自分で建てるにしても地方に建てるという感じなら、基本的に選択の余地は狭いです。

だから、何を優先したら良いかって話になるのですが、これがまた難しいです。

人によって落としどころが違う

転勤族のような人には家を選ぶ事だって、時期を選ぶことだって、方位を選ぶ事だって難しいです。

このため、落としどころを見つけながら選択をしていくことになります。

こういう場合、もともとの選択肢も少ないことが多いので、それぞれの落としどころで鑑定を進めます。

方位も家相もコントロールは出来るものです。

凶方位のタイミングにしか動けないというものを無しにすると言うことではないです。

そうではなく、「なぜ今なのか、どこに問題が隠れているのか、どういう風にすれば良いのか」ということを明らかにしつつ、凶方位に行くしかないなら出来るだけ穏やかな凶方位を選び、後で流れを変えていきます。

家相についても同様で、物件の選択の余地がほとんどないなら、少ない選択肢の中からましなものを選び、引っ越した後に「家相を整えていく」というやり方をします。

方位も家相も「後で調整が効く」

ダメなところはダメだけど、後でフォローをしていけば流れが変わるわけです。

難しいのはこれから先数年で良いタイミングで良い方位で良い物件を選ぼうとするケースです。

この時に一番難しくなるのは家相です。

購入したり建築したりと様々なのですが、特に購入する場合は落としどころを見つけるのが大変です。

家相や風水というのは時の流れと共に変化をします。

それは人の運勢と同じです。

時間と共に家の中の運気も変わる

ということは、購入時に再販を考えた方が良いのか、住み続けた方が良いのかというところまでチェックする必要が出てくるケースもあります。

家の構造によって今は使いやすい家だけど、数十年経ったら使いにくくなる家があります。

その逆に、今は微妙だけど、しばらくしたら良くなるような家もあります。

本当は万遍なく使いやすいところと使いにくいところが移り変わってくれるような作りなら良いのですが、なかなか見つからないです。

結果として迷います。

家は高額な買い物になるため、どうしてもその当時の自分に出来る「最高の状態」を期待するからです。

でも、まあ、後でせっせと家相をコントロールしていく(壁をぶち抜くという意味ではなく)ことで、それなりの状態に持って行けます。

方位の場合も同様で、良くても悪くても、後で調整していくことが可能な部分も多いです。

占い終わりはない

だから、「あちゃ~、やっちゃったかも~」ってなっても、挽回の余地は出てきます。

結局、引っ越しの時に優先するのは家相か方位か?という話については、気になることの中で帳尻を合わせて行くと良い、という話になります。

いつも言いますが、完璧にやったってダメなときはダメなんです。

だからこそ、良い状態を目指しつつも「最も欲求を満たしてくれる」ということも開運の一手です。

どうしてもこの家に引っ越したいという場合、方位が悪くても家相が良いなら選択してOKです。

方位の悪さは後で挽回する

逆に方位は良いけれど家相が悪い、でも、この家に引っ越したいっていうなら、家相を良くしていくようにコントロールします。

万全ではないけれど、その時の最善の選択しというやつです。

「こうしなければならない」という選択ほど勿体ない選択はありません。

高い買い物だからこそ、あるいはお金が掛かることだからこそ、落としどころを見定めて決めていく、これが一番良いやり方になります。