引っ越したいのに凶方位というとき

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

占いで一番難しいのは「望んでいる事が否定されたときにどうしたら良いか」です。

占いは今やろうとしていること、今やっていること、そして、これから先の事を知る上で便利なツールです。
うまく活用できれば、運を自分の方に呼び込むことも出来ます。
調子が良いときに占って貰うと、大抵の結果も良い感じに出てくるため問題になることは少ないです。
問題があるのはうまくいっていない時や微妙な時です。
こういうときの占いほど、その結果と望んでいる事にズレが生じやすいです。
もっといえば望んでいる事がダメだと占いの結果ででることです。

最も困る瞬間です

特に望んでいる事でダメだと出てきてしまうと、受け入れるのも容易ではありません。
こういう場合に私が重視するのは、占いの結果では無く、その人の現状です。
やろうとしていることの重要性を相談者と整理していくことで、占いでは悪いと出ているけれど実際はどういう風に判断をしていけば良いか、ということを明らかにしていきます。
私の占いはここに一番時間がかかります。
占いの結果だけで判断していくならば、相談者の事情を考慮する必要性はほとんどありません。

しかし、こんな感じの占いを受けてしまうと、占いの的中率が大きく下がります

占いの結果というのは様々な要素を結びつけて結論を提示してます。
だから占いの結果は「良い・悪い」ということが明確に出やすいです。
ここからが本当の占いの始まりなのですが、大抵は結果だけを見て一喜一憂します。
ここで占いを終われば、凶方位には行かないということで話が終わります。
それでよい人はそれでOKです。
でも中には「可能性」を模索したい人もいれば、「どうしても」という人もいます。

ここに占い師の存在意義が出てきます

占い師はシンプルに整理した鑑定結果を相談者の状況に合わせて組み直していきます。
妥協点を見つけていくわけです。
凶方位と出てくるときは何かに問題があることが多いです。
その問題点が相談者にとってどの程度重要度が高いかによって回避策も変わってきます。
相談者にとって出来ること出来ないことを整理していき、今必要な事を明らかにしていきます。
悪いと出ているモノに対して、進むか退くかは人それぞれです。

「どうしても」という想いがあるときには、可能な限り可能性を模索することに意味があります

選択の余地があるときは、無理をしないという選択をした方が良いこともあります。
「悪い」ということに対して、わざわざ悪いと出ている中に飛び込んでいく必要はありません。
もちろん、好きなようにやりたい人は好きにやるというので良いと思います。
ただ、何か気になるので占いを受けているケースもあります。
気になる原因を明らかにして、その上でどうしていくかを判断する。
不安や心配を引きずるぐらいなら、さっさと状況を把握した方が余程効率が良いです。