引っ越したいところに引っ越せない占いに意味はあるの?

九星気学占いと方位

好きに旅行・引っ越しをしたい人に必要な事があります。

方位を意識して活用した方が良い人とそうじゃない人っていう基準・・・というほどものではありませんが、似たようなものがあります。

これがあるからこそ、お節介な人が、知人や家族の方位とかをチェックするのは全く意味がないどころか有害です。

よそのお節介な人が余計なことを言わない限り、方位の影響について考えることも知ることもまずないはずです。

お節介な人は良いことをしたと思っていると思いますが、まあ、はっきりいって大迷惑です。

良い話をしてあげるならば良いですが、余計な不安をかき立てるぐらいならば、黙っている方がありがたい存在です。

もちろん、聞かれた時に協力してあげるお節介さんは良いですが、そういう人はおせっかいとは言わない。

行きたいところに行きたい人、引っ越したいところに引っ越したい人は、方位なんて気にしたらだめです。

行きたいようにどうぞ、というのが本当です。

じゃあ、方位は関係ないの?気にしなくて良いの?ともし問われるならば、そういう人は気にしなくて良いです。

少なくとも、時期ではありません。

方位の影響は多かれ少なかれ影響がある

でも、たばこと同じように、本人がやりたいっていうのに「たばこは体に悪いから止めた方が良い」っていう意味はないです。

判断が出来ない子供ならばまだしも、30にも40にもなってそういう話をしないといけないなら困りものです。

特に引越の方位鑑定を依頼される方は、依頼されるだけの想いがあります。

出来れば行きたいところに行きたい、引っ越したいところに引っ越したいと思っていらっしゃいます。

しかし、それ以上に気になることがあるからこそ、わざわざ鑑定を依頼されるのです。

好きなようにしたいなら、好きにする自由があるのに、相談されるわけです。

だからこそ、状況をくみ取りながら最善の選択肢を鑑定していくわけです。

ただし、中には凶方位に行ったって吉方位に行けば良いんでしょ?って言う人がいます。

方位の事を気にしなくてよい人

意味ないので。

理屈上は凶方位にいくなら吉方位に行く、という選択肢が出てきます。

ただし、問題はどういう状況で凶方位に行くことになっているのか、そういうところを把握した上で、吉方位旅行の選択肢を拾い出していくことです。

凶方位だから吉方位に行けば良いっていうほど単純じゃないです。

そんなに単純なら鑑定なんて受けなくても自分でやれば良いじゃん(笑)

だからこそ、自由にやりたい人は方位なんて考えたらだめですし、方位を活かすことが出来る時期にはないってことです。

人それぞれですが、気になる、関心が出てくる時が一番大事な時です。

そのタイミングをうまくつかむことを大切にされると、全体的に良い流れが来やすくなります。