幸運期・開運期で開運しにくい人・開運しやすい人

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

幸運期や開運期は人生の節目です。

幸運期や開運期は「この時期に何をするか」でその後の人生が変わってきます。

幸運期や開運期の時期を占い師さんに教えて貰う人もいると思います。

私は幸運期や開運期という言葉はあまり使いませんが、その人にとって大事な時期は「節目」としてお伝えしています。

幸運期や開運期、人生の節目、これらはどれも同じことを言っていて、「精算と変化の時期」になります。

精算とはそれまでやってきたことが形になるという意味合いです。

変化とはこれまで現状を変えようとする流れです。

そういうのがまとめてくるのが開運期であり幸運期であり、人生の節目になります。

幸運期・開運期を活かすために必要なこと

幸運期・開運期に「なんか暇なだよね~」という状況の場合、運気・運勢を活かすことが出来ないです。

いつもとそんなに変わらないし、人間関係も同じで出会いもない、仕事も惰性でやっている感じです。

その結果、良い時期といわれたけど、何も変わらないという人が出てきます。

幸運期や開運期は精算の時期でもあるので、「そのままの生き方ならだめだから人生やりなおしね」って感じでリストラが降ってきます。

でも、突然降ってきているように見えても、本当は予兆は山ほどあるはずです。

それを見ないようにしてきたか、それすら気づかないほど鈍感になってしまったか。

人生の節目の時期は占えばすぐに分かる

運気・運勢を占っていくと変化の時期・精算の時期がいつかが見えてきます。

また、占いで運勢が良くなる時期はいつですか?って聞く人もいます。

ただし、知っているけど「待ちの姿勢」の人が多いです。

出会いがあるっていうけど、どんな人と出会うのかなとか、転職するっていわれたけどどんなオファーがあるんだろうとか、「待つ」という人が多いです。

「待つ=暇」です。

運気・運勢の節目の時に待ってしまうと停滞しやすい

「待つ」というのが幸運期・開運期の主な行動になってしまうことがあります。

その結果、この時期を過ぎたら、ますます「何かないかな~」「何か起きないかな~」と変化を待つようになりやすいです。

普通の時期ならそれほどでもないことが、幸運期・開運期はより大きな影響を持つため、時期を過ぎれば前より停滞感が強くなって行きます。

だからこそ、せっかく良い時期を知っているなら、舞い込んでくる話、感じたこと、気になったことは一通り手をつけてしまいます。

幸運期・開運期はこれからの運命を変えていける時期

幸運期は次の時期を形作る最初のタイミングになります。

ここで起きたこと・起こしたことは次の人生を形作っていく上で基礎となるだけでなく、追い風になってくれます。

本当は節目の時期に入る前にあれこれと整理して次の時期を迎えたいところです。

でも、大抵はその時期になって意識することが多いので、幸運期に入っているなら今こそが勝負時です。

たとえ後1ヶ月とか後数週間であったとしても、そこで「あ、やばい、この時期は動く時期なのか」と気がつくことが出来たら運があります。

その気づきを放置しないことこそが幸運期や開運期の過ごし方です。

その結果、後になって変化の波が大きくなっていきます。

運勢はがんばり時を教えてくれると共に、今をどんな風に過ごしたら良いかを教えてくれるので、どうして良いか分からないという人ほど役立ってくれます。