幸運期や開運期には何をしたら良い?

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

今はとても良い時期とか、この時期になると良くなるよとか、そういうときどうすれば良い?

幸運期や開運期はそれだけでワクワクします。
ところが「なんも変わらない」って言ってしまう人もいます。

こういうことを少しでも避けるために、幸運期や開運期っていうハッピータイムをどう受けとめるかが今回のテーマです。
基本的に幸運期や開運期っていうのは、良い時期という前に一つの節目の時期の事を言います。

それまでやってきたことの総決算みたいなもの。
だから「何も変わらない」っていう人は、それまで頑張ってこなかったって言うだけです。

「頑張ってきたもん!」って言っても、現実が全てなのでここはしょうがないですし、本当のところは自分が一番よく分かっているはずです。
こうやってお話していますが、実はこの幸運期や開運期っていのは結果が出やすい時期ですが、何も無くてもがっかりする必要性がないのが良いところです。

節目で結果が出ないなら、次の節目に向けて準備を開始すれば良いということです

幸運期や開運期っていうのは良い時期、これから何かをするならタイミングが良いよってことを教えてくれている時期です。
何かを変えたいなら、今から始めれば良いということです。

幸運期や開運期の良いところは「自分に合う合わない」がはっきりしやすいという点です。
「やることなすこと何でも良い」ではないので要注意。

良い流れで始めることは、普段では感じにくいことを感じ取れるので、どんどん取捨選択していけます。
こういう時期はとにかく外に飛び出て動き回る(家の中で動き回ってもOK(笑))ことがポイント。

人の輪を広げ、チャレンジを増やし、昔やってみたかったことを一つずつ実現していく

こういうことは運勢が悪いときには無理をしない方が良いです。
運勢の良い時悪い時を知る価値は「今やりたい!」と思っても、今が良いのか悪いのかを判断出来るところにあります。

もちろん、悪い時期だからやったらダメって事じゃ無いです。
良い時期も悪い時期も一息入れて冷静に判断することがポイントです。

そうすれば思い込みを排除出来ますし、運勢に背中を押して貰えます。
悪い時期に始めることは余程気持ちが入っていないと、後々、挫折しやすいです。

それでも始める価値があるならやった方が良いです

それを教えてくれるのが悪い時期。
良い時期に始めることは、とりあえず何でも始めてみれば良いです(笑)

やればやるほど、どんどん合う合わないが分かるようになってます。
良い選択は追い風が吹いて変化していきますし、合わない選択は飽きてきて放置するようになりますから。

幸運期や開運期というのは座ってぼ~っとしているとあっという間に時が過ぎていきます。
幸運期や開運期ということを知ることができたなら、座して幸運を待つのでは無く、どれが幸運か分からないけれど片っ端からつかんでいく、つかむように意識していくことです。

「何をしたらよい?」なんて眠いことを言っていると、あっという間に今年が終わります。