幸運を呼び寄せる、災難を避けるコツはこれ!

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

頭を使えば、考えることを大事にすれば幸運を呼び寄せやすくなります。

運不運や運勢について気になる事がありますが、実は運不運が「具現化」する仕組みをよく理解していると、大分状況が違ってきます。

運不運というのは「今」の結果の先に出てくるものです。

つまり、今の行動や考え方、態度などに大きく影響を受ける、ということです。

もちろん、それ以外の人知の及ばないこともありますが、それは人間ではどうにもなりません。

人間がどうにか出来る範囲でのお話を今回はします。

といっても難しいことではないです。

「幸運を呼び寄せる、災難を避ける、そのコツ」というのは「想像力」です

これはもう鉄板とも言える開運法の一つです。

要するに「先を読む」「状況を読む」「流れを読む」、何をするにしても「想像」するってことです。

これを意識するだけで猛烈に人生が変わります。

災難も幸運も多くの現象が、この想像力の豊かさ、あるいは欠如によって招かれます。

交通事故なんていうのはまさにその典型です。

そして、この「想像力」で重要なのは、常に「自分基準を高めること」が大事になります。

自分基準ってほんとうにあてにならないです。

想像「力」というぐらいですから、この力はピンキリということです。

鍛えに鍛えている人は、幸運をどんどん呼び寄せ、災難を抜群に避けます

逆に、想像力が鍛えられていない人は、幸運を避け、災難を呼び寄せます。

それぐらい違うものです。

ちょっと古いお話になりますが、小惑星「いとかわ」から帰ってきた探査機「はやぶさ」ってありますよね。

あれこそが運を引き寄せ、災難を避けるコツです。

災難に遭わないわけじゃないです。

常に何かトラブルが起きる。

しかし、起きたトラブルを最小限に出来たこと。

そして、結果的に目的を達することが出来たこと。

これは技術力はもちろんのこと、「こうなるのでは」とか「万が一」とか、そういう想像力によって支えられた結果です。

はやぶさのように超一流のお話は別としても、実生活において「想像力」を意識するかどうかは大きなポイントになります。

運が良い人って「結果的」に運が良いことが多いです

いくつもの積み重ねの結果、周囲の人にひいきにされたり、チャンスを与えられたりしています。

何もしていないわけではなく、様々なことを「想像」し、そして「行動」に結びつけているという感じです。

それが結果として、幸運を呼び寄せ、災難を最小限にしてくれています。

今すぐに出来る事では無いかも知れませんが、意識して「想像」し「行動」することで、誰にでも出来る「良い流れを呼び寄せる事が出来る秘訣」です。