幸運も不運も一気に現実化する

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

うまくいかないかな~、なんとかならないかな~という時はまだまだ準備段階です。
日頃から幸運・不運なんて無いよっていってるのに、幸運・不運の現実化を話題にするのはおかしいです。

でも、分かりやすいんですよね、幸運・不運って言ってた方が。
この幸運・不運ですが、普段はあまり分からない(実感しにくい)です。

パワーストーンを買って身につけても実際のところよく分からないっていう人もいます。
方位の影響についても同様です。

吉方位に行ったのに何も変わらないと感じている人もいると思います。
ここで大事なことは幸運・不運の影響というのは「時期が来ないと分かりにくい」ということです。

ここでいう時期というのは、その人の準備が整うタイミングのことです。
要は実力のことです。

幸運の影響は、その人の実力が伴ったとき現実化します

他人がどう感じるかでは無く、本人の感覚です。
「あの人はいつもうまくいってツイてるよね~」っていうのは全く意味が無い話で、本人がどう感じているかがとても大事。

また、幸運というのは「良い運の中にある」ということです。
良い運を作り出す(人徳)のでも良いですし、良い運の巡る場所(パワースポットや運気の良い場所)、良い運を引き寄せる(吉方位・開運グッズ)などでも良いです。

また、人はもともと自分に合った生き方をしているときは幸運を生み出しやすいです(自分でも運を作れるということ)。
運気を良くしておくのは、自分の準備が整ったときに良い感じにチャンス(幸運)を巡らせるために必要です。

運気を良くすれば良くなると思って良いのですが、勘違いをしていたり、やった気になっているだけの場合は、チャンスは来ないので方向性や軸の確認・修正は大切です。

幸運の場合はまだ良いですが、不運の場合はやばいです

人が不運を育てるときは「自分が儲かれば良い(得すれば良い)」という感覚でいる場合です。
少々悪いことをしても、いえ、ガチで悪いことをしても、その時に不運が現実化することはマレです。

悪いことをした=不運が現実化する、ではありません。
不運が現実化する時期があります。

不運の場合も幸運と同じように、準備が必要になります。
その人にとって一番悪いタイミングで現実化するように、時間を掛けて積み上がっています。

だから、「あの人ってあんななのに全然大丈夫なんだよね」ってことがよくあります

でも、全然大丈夫じゃ無いです。
一番来て欲しくないタイミングで、まとめて問題に直面します。

自分で不運を育てなくても、運気の悪い場所を使っていたり、悪い運気を吸収していたりしていれば、自然と運は下がっていきますし、自分に合わない生き方をしている場合も同様です。
普段は何も変化がないように「見えているだけ」ということに気がつけるかどうかです。

幸運度の高い人というのは、何が幸運で何が不運かを理解しています。
そして、不運を招き寄せるような行動や言動、考え方を可能な限り避けます。

運は積み重ねの結果現実化するので普段は変化が無いように見えますが違います

現実化したとき、特に大きな不運が現実化すると辛いです。
対応に何ヶ月も何年も掛かります。

不運が現実化する前に、不運のガス抜きをしてやることです。
それが普段から運気を良くしておくということです。

そうすれば不運が現実化したとしても、小さな影響の範囲、対処がしやすい範囲で収まってくれます。
幸運を現実化させるには必要な行動の積み重ねることであり、不運を現実化させないためには運気を上げることの積み重ねです。

現実化してからでは大変なので、気がついたらちょいちょい修正するために運気を意識しておくと良いです。
あ、でも、運気にとらわれたら不幸になるので、その辺はバランス良く♪