幸運がない?幸運はあなたの中にいる

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

運気を上げたいとか、開運したいとかって難しいことを考えなくても、最も単純で簡単な開運法は「好きを大事にする」です。

ところが、これが簡単なのに難しいです。

「好き」を突き詰めていくと、いつでもなんでもOKってわけじゃ無いことがわかります。

さらに「好き」って何だろうと迷走することもあります。

これが難しさです。

いつでも意識の中にあるし、いつでも望むのだけど、「好きだからこそ」タイミングや空気が重視されます。

「ここぞ」というときのために、いろいろなことを準備したり、時期を待つ必要も出てきます。

「好き」がハッキリしていると行動も明確になる

全ての条件を飛ばして自分の想うとおりに行動をするという選択肢もあります。

それは「好き」だからこそ出来る選択です。

ただし、いろいろある流れを無視するのですから、そこから来るしわ寄せもあります。
参考:「持ち物が壊れるときは、自分を見直すチャンス」

でも「好き」だから乗り越えられます。

この「好き」というのは、引っ越しでも仕事でもなんでも使えます。

私が引っ越しの相談をうけた時に最も重視するのは「どこに住みたいか」です。

住みたいところにタイミングを合わせて行くと上手くいきやすい

「どの方位が良いか」は後から出てくる話です。

住みたいということは、そこに利便性や快適性、あこがれなど、様々な要素が詰まっています。

運気が良い場所が大事なのでは無く、その人にとって良い場所がまずは優先されます。

ただ、引っ越す場合は「タイミング」というのがあり、このタイミングの幅が狭いのです。

だから、良いタイミングで住みたい場所を選ぶというのはなかなか大変です。

しかし、タイミングという条件はあるにしても、方位で住む場所を選ぶのはどっかズレていておかしいです。

どれくらいおかしいかと言いますと、占いで「この人は運命の人だから結婚した方が良い」と見ず知らずの人を紹介されるぐらいおかしいです。

お見合いですら「どうですか?」という確認があるのに、引っ越しなどについては良い方位に引っ越したいとおかしな話が出てきます。

望みを明確にすると問題に気がつくので不幸を避けやすい

大切な事が見えなくなっている状態なので、吉方位に引っ越しても微妙な感じになりやすいです。

え?吉方位を意識してるのに?という感じになってしまい、なんのために方位を意識して引っ越したのか分からなくなります。
参考:「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」

それぐらい「住みたい」というのは大事になるのです。

もちろん、この範囲(地域)であればどこでもOKっていう場合もあると思います。

そういう場合は別ですが、これについても「この範囲」という指定が先に来ています。

つまり、想いが先に来ているわけです。

人は自分の想いをしっかりと理解していれば、多少の悪い運気に左右されません。

実際、ずっと前から住みたいと思っていたところに住んでいる人は、結果的に楽しんでいらっしゃいます。

行き詰まりなどがあることはありますが、住みたいところに住んでいるので大して気にならないようです。

それほど「好き」というのは大事です。

「好き」を実感するだけでチャンスを呼ぶ

相談される方の想いが明確な場合、それに向けての可能性を模索します。

結局、自分の人生なのですから、その可能性を高めるために占いを使ってこそです。

ただ、真正面から向かってもダメなことがあるので、求める事を明確にしつつも遠回りしたり、横にそれたりということはあるかもしれません。

しかし、やっていることが自分の「好き」に向かっているなら、人は元気が出ます。

元気が出るとチャンスを呼び寄せます。

だから、「好き」は最も開運に近いわけです。

幸せを実感するためにもまずは好きを引き出す

「好き」に根拠はいりません。

なぜだか分からないけれど気になる、どうしてか目を離せない、気がついたらやっている、それが「好き」に繋がっています。

占いが出来るのは「好きなものを選択し続けるため」に、どうしていけば良いかを鑑定することです。

引っ越したい場所が無いと占いようが無いのと同じです。

軸は常に自分にあり、どこに向かったら良いかのために占いを使う、これがほどよいバランスを作り出してくれチャンスを引き寄せます。

一緒に読んでみてください。好きをはっきりさせるのにきっと役立ってくれます:「本当に必要な大人の満月の願い事の書き方・叶え方」

【ここで取り上げたリンク】
「持ち物が壊れるときは、自分を見直すチャンス」
「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」